[AMA]Rd.14 KTMのムスキャンが勝利を収める

全17戦で争われる2017年AMAスーパークロス・シリーズ。

2014年の開催を最後にレースカレンダーから外れていた、MONSTER ENERGY AMA SUPERCROSSのシアトル大会が第14戦である今大会で復活。

かつてはダブルヘッダーが行われてきた米国でも有数の都市に、これほどのブランクが生じたのは、スタジアムの隣接地でコンベンションセンターの建設工事が行われていたという事情だ。この施設は今回からスーパークロスのパドックとして機能し、屋内にはアトランタやセントルイスのような熱い雰囲気が満ちていた。

■ 2017年 AMAスーパークロス選手権 第14戦 シアトル
■ 450SX / 250SX West
■ 開催日:2017年4月8日(土)
■ 会場名:センチュリーリンク・フィールド

KTMのムスキャンが勝利を収める

レースは、KTMのムスキャンが1位となり、勝利を収める。カワサキのイーライ・トマックは、ポイントランキング1位のKTMのダンジーを抜き、ついにポイントランキングでトップへ。

RESULT

1 M・ムスキャン KTM 20 Laps 18:45.112
2 E・トマック Kawasaki +04.770
3 J・アンダーソン Husqvarna +13.238
4 R・ダンジー KTM +23.252
5 D・ミルサップス KTM +26.248
6 B・ティックル Suzuki +28.012
7 B・バゲット KTM +28.574
8 C・ウェブ Yamaha +39.570
9 C・リード Yamaha +41.331
10 D・ウイルソン Husqvarna +51.582
11 J・ワイマー Suzuki 19 Laps
12 J・ボーグル Suzuki +12.892
13 J・バーシア Suzuki +15.702
14 M・スチュワート Suzuki +33.791
15 J・ブレイトン Honda +48.157
16 V・フリーゼ Honda 18 Laps
17 C・クレイソン Honda +14.493
18 T・パウリ Kawasaki 17 Laps
19 N・シュミット Suzuki +22.363
20 M・アカイディン KTM +51.554
21 A・レイ Yamaha 16 Laps
22 A・ポリテリ Yamaha 6 Laps

RIDERS RANKING

1 E・トマック Kawasaki 294
2 R・ダンジー KTM 294
3 M・ムスキャン KTM 252
4 C・シーリー Honda 211
5 J・アンダーソン Husqvarna 208
6 B・バゲット KTM 177
10 C・リード Yamaha 143
13 C・ウェブ Yamaha 99
26 T・ハーン Yamaha 11
32 A・ポリテリ Yamaha 4
37 S・チャンピオン Yamaha 2

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る