【新車】ホンダ、ロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」のスタイリングを刷新し走りを熟成させ発売

Hondaは、低回転域から高回転域まで力強い出力特性の直列4気筒エンジンと扱いやすい車体サイズで好評を得ているロードスポーツモデル「CBR650F」「CB650F」を、より先鋭的でスポーティーなスタイリングに刷新するとともに、吸気・排気のトータルエアマネジメントを徹底的に追求し、出力を向上させるなど、力強い走りをさらに熟成させて4月14日(金)に発売する。

より先鋭的でスポーティーなスタイリングに

「CBR650F」「CB650F」の両モデルとも650cc・DOHC・直列4気筒エンジンの動力性能をさらに引き出すため、より多くのエアを導入する吸気流路を新設し、エアファンネルの短縮化やマフラーの内部構造を3室から2室に変更することで、最高出力を5kw(7馬力)向上。

これにより、低・中回転域のトルク特性の向上と、高回転域の伸びを両立。加えて、トランスミッションの2速から5速の変速比をローレシオ化することで、力強い加速フィーリングを実現した。

また、フロントサスペンションには、新たに減衰力特性に優れたショーワ製「デュアル ベンディング バルブ」を装着することで、しなやかで路面追従性に優れた上質な乗り心地を実現。

リアには従来同様、路面状況やユーザーのライディングに合わせて調整可能な7段階プリロードアジャスターを採用。ブレーキにはフロント、リアともに放熱効果に優れたウェーブディスクを装着し、フロントに320mm大型ダブルディスクと2ポットキャリパー、リアに240mmディスクと1ポットキャリパーを組み合わせている。

さらに、前・後輪のロックを回避するABS(アンチロック・ブレーキ・システム)を標準装備している。

CBR650F スーパースポーツの精神が宿る、躍動のスタイル


シャープで先進的な印象を与える高輝度LEDヘッドライトを新たに採用するとともに、ヘッドライト周辺のカウル形状を見直すことで、走行時により多くの空気を吸気ダクトに導入する構造としている。

カラーバリエーションはヴィクトリーレッド、マットガンパウダーブラックメタリック、パールグレアホワイトの全3色を設定。ヴィクトリーレッドはトップエンドモデルのCBR1000RRのカラーリングを想起させるブラックとホワイトのスポーティーなストライプを採用している。

マットガンパウダーブラックメタリックとパールグレアホワイトはミドルカウルとシートカウルに専用ストライプを採用。アンダーカウルにHondaロゴを配している。また、シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーをブロンズ色とすることで高級感を演出し、デザインを向上させている。

【CBR650F:現行車種の詳細スペックはこちらから】
CBR650F

CB650F 4本のエキパイが魅せる、異彩の存在感


シャープで先進的な印象を与える高輝度LEDヘッドライトを新たに採用するとともに、シュラウドのデザインを変更し、走行時に吸気ダクトへ積極的に空気を導く形状。

また、ハンドルは従来よりフラットな形状のバーハンドルタイプを採用することで、低く構えたライディングポジションとしている。

カラーバリエーションはヴィクトリーレッド、ソードシルバーメタリックの全2色を設定。シュラウドの色は車体色に対して、ヴィクトリーレッドはシルバー、ソードシルバーメタリックはブラックのツートーンカラーとし、シュラウドおよびフューエルタンク、シートカウル、フロントフェンダー、ホイールリムに躍動感あるグラフィックのストライプを施すなど、スポーティー感と力強さを強調。

シリンダーヘッドカバーとクランクケースカバーをブロンズ色とすることで高級感を演出している。

【CB650F:現行車種の詳細スペックはこちらから】
CB650F

■名称
CBR650F
CB650F

■発売日
2017年4月14日(金)

■カラー/メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
CBR650F
パールグレアホワイト、マットガンパウダーブラックメタリック
999,000円(消費税抜き本体価格 925,000円)

CBR650F
ヴィクトリーレッド
1,031,400円(消費税抜き本体価格 955,000円)

CB650F
ヴィクトリーレッド、ソードシルバーメタリック
923,400円(消費税抜き本体価格 855,000円)

■販売計画台数(国内・年間)

CBR650F 合計300台
CB650F 合計200台

2017 CBR650F

・ヴィクトリーレッド

・パールグレアホワイト

・マットガンパウダーブラックメタリック

2017 CB650F

・ヴィクトリーレッド

・ソードシルバーメタリック

CBR650F / CB650F 主要諸元

通称名 CBR650F CB650F
車名・型式 ホンダ・2BL-RC83
全長×全幅×全高 (mm) 2,110×755×1,145 2,110×780×1,075
軸距 (mm) 1,450
最低地上高 (mm)★ 130 150
シート高 (mm)★ 810
車両重量 (kg) 213 208
乗車定員 (人) 2
最小回転半径 (m) 3.0 2.8
エンジン型式・種類 RC83E・水冷4ストロークDOHC4バルブ直列4気筒
総排気量 (cm3) 648
内径×行程 (mm) 67.0×46.0
圧縮比 ★ 11.4
最高出力 (kW[PS]/rpm) 66[90]/11,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 64[6.5]/8,000
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※2
31.5(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★(クラス)※3 21.4(クラス3-2)<1名乗車時>
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 17
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.071
2 速 2.352
3 速 1.888
4 速 1.560
5 速 1.370
6 速 1.214
減速比(1次★/2次) 1.690/2.800
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 25°30´/101
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
180/55ZR17M/C(73W)
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式
フレーム形式 ダイヤモンド
【CBR650F / CB650F:現行車種の詳細スペックはこちらから】
CBR650F
CB650F

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る