ヤマハ、台湾での二輪車生産累計台数1,000万台 世界屈指のスクーター大国で大台を達成

ヤマハ発動機の台湾における現地法人Yamaha Motor Taiwan co., Ltd(以下:YMT)は、1987年の設立以来の二輪車生産台数が、累計1,000万台に到達したことを発表した。

YMTは、当社の二輪車製造の現地法人として、1987年に台湾北部・桃園市に設立され、主に台湾と日本向けのスクーターを生産している。 2016年の年間生産台数は33万台で、そのうち台湾向けが25万台、日本を含む海外への輸出が8万台だった。

台湾は、総人口約2,400万人に対し、二輪車の総保有台数は1,300万台を超え、二輪車の年間総需要は約85万台(2016年・ヤマハ調べ)となっており、スクーターが日常の交通手段として広く普及している。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る