【新車】アクティブな走りを実現!ホンダ、新型アドベンチャーモデル「X-ADV」を発売

Hondaは、アドベンチャーモデルの新たな提案として、低回転域から高回転域まで扱いやすい、水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745ccエンジンに、定評のデュアル・クラッチ・トランスミッション(DCT)を組み合わせ、アドベンチャーモデルの力強さとコミューターモデルの利便性を高次元で融合させた「X-ADV(エックス エーディーブイ)」を、4月14日(金)に発売する。

X-ADVは、EICMA2015ミラノショーで出品された「City Adventure Concept」をベースにHondaが開発を進めていた新型二輪車で、2017年の発売開始に向けて量産していたが、今回早くも発売が決定した。

メーカー希望小売価格は、車体色により差異があり、デジタルシルバーメタリックは1,209,600円(税込)、ヴィクトリーレッドは、1,242,000円(税込)となっている。

【関連ニュース】
◆街乗りから冒険まで。ホンダのあのコンセプトモデルが「X-ADV」として量産化決定!
◆【新車】ホンダ、新型二輪車「X-ADV」の量産を決定、EICMA2016ミラノショーで展示・発表

ときには紳士であるし、冒険者でもある

X-ADVは、「GO EVERYWHERE with EXCITEMENT~アクティブな心躍る気持ちで、どこへでも行ける~」をコンセプトに「平日は都会をスマートに移動し、休日は日常を離れて冒険へといざなう“アドベンチャースピリット”を持つモーターサイクル」として遊び心あふれるモーターサイクルライフを提供することを目指し開発された。

スタイリングは、前後方向に短く塊感のあるボディーとサスペンション長の長いアップライトなシルエットでアドベンチャーテイストを強調。

さらに、フロントからリアまで、エッジの効いた統一感のあるキャラクターラインで構成されたボディーにより、プレミアム感と上質感を融合させるとともに力強くスタイリッシュで新鮮な外観を実現している。

パワーユニットには、水冷・4ストローク・OHC・4バルブ直列2気筒745ccエンジンにオートマチックトランスミッションの操作性とマニュアルトランスミッションの優れた伝達効率を高次元で融合したDCTに専用セッティングを施し組み合わせている。

アップダウンやコーナーの多い郊外のワインディングでは、低いギアを選択する領域を拡大した変速制御をDモード・Sモードに採用し、スポーティーなライディングフィールを実現するとともに、タイヤサイズやドライブチェーン駆動部位の最適化を図り、市街地での機敏な走行を可能とした。

電装は、全ての灯火器にLEDを採用し先進性を演出。ツーリングでの利便性を高める別体型ETC車載器やスポーツグリップヒーターを標準装備しており、街乗りから長距離のライディングまでカバーしている。

■名称
X-ADV

■発売日
2017年4月14日(金)

■カラー/メーカー希望小売価格(消費税8%込み)
デジタルシルバーメタリック
1,209,600円(消費税抜き本体価格 1,120,000円)

ヴィクトリーレッド
1,242,000円(消費税抜き本体価格 1,150,000円)

■販売計画台数(国内・年間)
400台

X-ADV 走行性能

トルクフルな特性を持つパワーユニット
エンジンは、低・中回転域で力強いトルク特性を発揮する745cc・水冷4ストローク直列2気筒。DCT(デュアル・クラッチ・トランスミッション)を標準装備し、シフト操作の自動/手動を選択可能としている。
調整できるフロント/リアサスペンション
ロント、リア共にプリロード調整機構を採用し、乗員数や積載量の変化による車両姿勢をライダーの好みに調整可能。さらにフロントは、減衰力調整機構(伸び側)を採用し、より好みに合った乗り心地にセッティング可能としている。
新設計スイングアーム
クロス部を中空構造、アーム部をコの字断面とした、軽量で高い路面追従性を追求した一体型アルミスイングアームを新設計。
ラジアルマウント式のフロントブレーキシステム
フロントブレーキには、アドベンチャーモデルのCRF1000L Africa Twinにも採用されているラジアルマウント式の対向4ポットブレーキキャリパー+ダブルディスクを採用。さらにABSを標準装備している。

X-ADV デジタルシルバーメタリック

X-ADV ヴィクトリーレッド

主要諸元

通称名 X-ADV
車名・型式 ホンダ・2BL-RC95
全長×全幅×全高 (mm) 2,230×910×1,345
軸距 (mm) 1,580
最低地上高 (mm)★ 135
シート高 (mm)★ 790
車両重量 (kg) 238
乗車定員 (人) 2
燃料消費率※4(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値※5
40.0(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値★(クラス)※6 27.0(クラス3-2)<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.8
エンジン型式・種類 RC88E・水冷 4ストローク OHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3) 745
内径×行程 (mm) 77.0×80.0
圧縮比 ★ 10.7
最高出力 (kW[PS]/rpm) 40[54]/6,250
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 68[6.9]/4,750
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 ★ セルフ式
点火装置形式 ★ フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 ★ 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 13
クラッチ形式 ★ 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 電子式6段変速(DCT)
変速比 1速 2.666
2速 1.904
3速 1.454
4速 1.200
5速 1.033
6速 0.837
減速比(1次★/2次) 1.921/2.235
キャスター角(度)★/トレール量(mm)★ 27°00´/104
タイヤ 120/70R17M/C 58H
160/60R15M/C 67H
ブレーキ形式 油圧式ダブルディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式(倒立サス)
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る