ヤマハ発動機、“アジアの大声援を受け世界を翔けるヒーローの創造”を公開 「GPライダー」を育てるプロジェクト

ヤマハ発動機は、現地法人Thai Yamaha Motor Co., Ltd.(TYM)が運営する「Yamaha Thailand Racing Team」のアジアモータースポーツシーンにおいて、MotoGPライダーを育てる活動について公開した。

前編・後編からなるこのレーストピックスは、アジアでのヤマハブランドのイメージ向上、モータースポーツ普及、ライダーの育成についてが綴られている。

特に注目は、「タイにおけるモータースポーツ普及のシンボルになってほしい」という想いから始まり、「アジアから世界へ」というスローガンのもと、「MotoGPライダーを育てる」というTYMの挑戦だ。

「Team Norick Yamaha」チーム監督である阿部光雄監督が登場し、このTYMのプロジェクトに関わった思いを語っている。
また、プロジェクトのライダーとして選ばれたケミン・クボ選手とピーラポン・ブーンレット選手の2名が、鈴鹿4耐をメインに日本での活動をまとめたムービーが公開されている。
チャレンジに満ちた彼らの挑戦をぜひ見ていただきたい。

【関連ニュース】
◆「Team Norick」参戦体制発表会 2チーム体制で全日本選手権JSB1000とJ-GP2、地方選手権J-GP3にエントリー!

 

“アジアの大声援を受け世界を翔けるヒーローの創造” ヤマハの挑戦

2016年、ヤマハ発動機の現地法人Thai Yamaha Motor Co., Ltd.(TYM)が運営する「Yamaha Thailand Racing Team」は、アジアのモータースポーツシーンにおいて大きな成果を残しその存在を際立たせた。

アジアロードレース選手権(ARRC)・アジアプロダクション250(AP250)でチャンピオン、スーパースポーツ600(SS600)はヤマハ勢トップのランキング5位、全日本選手権のST600ではランキング2位を獲得。

まさにアジアを代表するチームの一つになったといって過言ではない。ところがTYMは、決して現状に満足してはいない。それは、ある出来事がきっかけになっている。

続きは「ヤマハ発動機ホームページ レーストピックス」(外部リンク)
>>“アジアの大声援を受け世界を翔けるヒーローの創造” ヤマハの挑戦(前編)
>>“アジアの大声援を受け世界を翔けるヒーローの創造” ヤマハの挑戦(後編)

【関連サイト】
◆Webike Motosport
◆Webikeチームノリックヤマハ

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会は、鈴鹿市役所 1階の『モータースポーツ振興コーナー』…
  2. 生活の可能性が拡がる喜びを提供 Hondaのナイジェリアにおける二輪車生産販売子会社「ホン…
  3. オートバイパーツ・用品の販売を全国展開する2りんかんは、バイク乗りコスプレイヤーの「美環(み…
  4. ボッシュが形づくる二輪車の未来 ボッシュは、自社のモーターサイクル&パワースポーツ事業が、…
ページ上部へ戻る