[JRR]Rd.1 J-GP3 予選3番手の伊達が勝利 Honda勢が表彰台を独占


全日本ロードレース選手権の開幕戦が、茨城県の筑波サーキットで開催された。今回はJSB1000クラスの開催がなく、J-GP2、J-GP3、ST600の3クラスが開催。

予選3番手の伊達が勝利。2位が小室、3位が中島でHonda勢が表彰台を独占


J-GP3は昨年タイトルを獲得した徳留真紀が、J-GP2にステップアップしたためチャンピオンが不在に。

決勝は雨が強く降り、霧がコースに立ち込める中、行われた。小室旭、中島元気が好スタートを切るが、ポールポジションの長谷川聖が1コーナーの立ち上がりでトップに立つ。しかし、その直後のアジアコーナーで転倒、再スタートを試みるも途中でマシンをストップさせてしまった。

代わって中島が一旦トップに出るものの、伊達がトップを奪い、レースをリードしていく構えを見せる。今季から本格的に復帰した小室も中島をかわし、トップ3となるが、速いペースで逃げる伊達を小室が追撃する形となり、次第に中島は単独3位に。

レース中盤以降は伊達と小室が、より激しくなる雨の中でテールtoノーズ、サイドbyサイドのバトルを繰り広げる。2台はレース最終盤にかけて順位を入れ替えるが、最終ラップの1コーナーで一旦前に出た小室から再びトップを奪った伊達が、残り半周を抑え込み、全日本初優勝を飾った。小室は悔しい2位、自分のペースを守った中島が3位初表彰台を獲得した。

RESULT

1 64 伊達悠太 Honda 25 1’04.917
2 17 小室旭 Honda 25 +0.000
3 34 中島元気 Honda 25 +20.612
4 41 宇井陽一 IODA 25 +29.961
5 12 船田俊希 Honda 25 +35.467
6 11 太田虎之進 Honda 25 +35.533
7 10 山本恭裕 Honda 25 +41.66
8 3 安村武志 PRCS3C 25 +47.948
9 7 古市右京 KTM 25 +48.97
10 36 福嶋佑斗 Honda 25 +49.506
11 22 白石玲菜 Honda 25 +49.789
12 16 野澤秀典 Honda 24 +1Lap
13 14 高杉奈緒子 Honda 24 +1Lap
14 21 畑中要 Honda 24 +1Lap
15 31 荘安育 Honda 24 +1Lap
RT 33 佐野勝人 PRCS3b 14 +11Laps
RT 6 岡崎静夏 TSR3 10 +15Laps
RT 23 川瀬啓一郎 TSR3 8 +17Laps
RT 13 長谷川聖 Honda - -

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【カワサキ KLX150】ディテール&試乗インプレッション タイカワサキ製のKLX150は…
  2. さらに魅力的で個性的な雰囲気に ドゥカティは、スーパースポーツのカラーラインナップに、…
  3. ■大会名:2018年全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 ■開催日:2018年6月16…
  4. ダイネーゼジャパンは、全国のDainese Store(札幌店・名古屋店・大阪店を除く)で、…
ページ上部へ戻る