[JRR]Rd.1 J-GP2 水野涼がダブルウインを達成!

全日本ロードレース選手権の開幕戦が、茨城県の筑波サーキットで開催された。今回はJSB1000クラスの開催がなく、J-GP2、J-GP3、ST600の3クラスが開催。J-GP2は土曜日と日曜日に1レースずつ、決勝が行われた。

2レースとも水野と榎戸が1-2フィニッシュを果たす


J-GP2は、昨年度のチャンピオンである浦本修充(スズキ)がJSB1000にスイッチし、ゼッケン1が不在の中での戦いに。

予選3番手スタートの関口太郎が好スタートを見せ、ポールポジション・第1レースのウイナー水野涼、生形秀之と続く。しかし、第1ヘアピンで水野、そして生形秀之、さらには榎戸育寛が関口をかわして、2周目にはこの3台がトップ3を形作る。関口は、岩戸亮介、石塚健、ケミン・クボらと4位集団となる。

周回が進んでも水野のペースは落ちず、ミスでやや差の広がった榎戸との差を広げていく。生形もついていくが順位を変えることはできない。

水野はその間も淡々と走り切り、迎えた最終ラップ、ストレートを過ぎたあたりで赤旗が提示され、レースはそこで中断、成立した。

Race1

1 634 水野涼 HP6q 20 19’31.189
2 32 榎戸育寛 KALEX 20 +7.045
3 5 石塚健 カワサキ 20 +13.588
4 4 生形秀之 スズキ 20 +19.520
5 33 K.クボ ヤマハ 20 +22.758
6 39 柴田陸樹 カワサキ 20 +28.993
7 10 大木崇行 HP6 20 +29.187
8 31 岩戸亮介 MD600 20 +29.497
9 13 三原壮紫 スズキ 20 +29.623
10 70 岩崎哲朗 カワサキ 20 +30.156
11 090 中村修一郎 KALEX 20 +30.284
12 44 関口太郎 HP6 20 +30.998
14 16 中本郡 HP6 20 +38.587
15 36 徳留真紀 SPEED UP 20 +38.799
17 21 赤間清 HP6 18 +2Laps

Race2

1 634 水野涼 HP6-q 18 18’45.049
2 32 榎戸育寛 KALEX 18 +1.268
3 4 生形秀之 スズキ 18 +4.273
4 33 K.クボ ヤマハ 18 +5.509
5 44 関口太郎 HP6 18 +6.870
6 31 岩戸亮介 MD600 18 +24.463
7 70 岩崎哲朗 カワサキ 18 +25.064
8 39 柴田陸樹 カワサキ 18 +26.289
9 090 中村修一郎 KALEX 18 +37.335
10 36 徳留真紀 SPEED UP 18 +41.115
12 10 大木崇行 HP6 17 +1Lap
14 16 中本郡 HP6 17 +1Lap
15 21 赤間清 HP6 17 +1Lap

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る