4月23日、全日本ロードレース選手権第2戦の決勝が三重県の鈴鹿サーキットで開催

鈴鹿8耐前哨戦となる200km耐久レース

日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)は、全日本ロードレース選手権第2戦を4月23日(日)に三重県の鈴鹿サーキットで開催する。

2輪レースはJSB1000クラスのみの開催。昨年に引き続き200km耐久レースとして開催され、鈴鹿8耐前哨戦の意味合いも持ち合わせる重要なレースとなる。

今大会は、鈴鹿8耐参戦権を得るためのトライアウト1stステージでもあり、一足早く鈴鹿8耐メンバーの走りを見ることができる大会で、ライダーは一人でも二人でも登録可能。つまり、鈴鹿8耐参戦を主眼に置いたチームは2名体制で参戦する。

同時にJSB1000クラスにとっては開幕戦。初戦を制して波に乗り、チャンピオンを目指す全日本トップライダーたちの戦いは見逃せない。

全日本タイトルを目指すチームは一人で200kmを走るが、ル・マン式スタートで始まり、1回のピットインは義務付けられているため、鈴鹿8耐本番さながらの華麗なピットワークを見ることもできる。

今季はホンダとスズキが新型マシンを投入し、5年連続チャンピオンの立場から参戦するヤマハの中須賀克行は、3年目の熟成マシンでタイトル防衛に臨む。

以下プレスリリースより


開催概要

■大会名称
2017 NGKスパークプラグ鈴鹿2&4レース

■主催
一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)/株式会社モビリティランド

■冠協賛
日本特殊陶業株式会社

■後援
スポーツ庁/観光庁/三重県/鈴鹿市/鈴鹿F1日本グランプリ地域活性化協議会/一般社団法人鈴鹿市観光協会/鈴鹿商工会議所

■公認
国際モーターサイクリズム連盟(FIM)/一般財団法人日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)

■開催日程
2017年4月22日(土)公式予選/4月23日(日)決勝

■開催クラス
JSB1000(200km耐久レース)

■会場
鈴鹿サーキット国際レーシングコース http://www.suzukacircuit.jp

■入場料
<前売券>
大人=4,000円(ゆうえんちモートピアパスポート1日券付き)
中・高校生=1,700円、小学生=800円、3歳~未就学児=600円

グループチケット(ゆうえんちモートピアパスポート1日券付き)
3名=10,800、4名=13,600円、5名=16,000円

<当日券>4/23決勝日の大人のみ4,300円、その他はゆうえんち入園料のみ

※その他オプションチケット、プレミアムチケットなどがあります

情報提供元 [ 日本モーターサイクルスポーツ協会 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る