【新車】ホンダ、クロスオーバーモデル「400X」の各部の熟成を図るとともにカラーリングを変更し発売


Hondaは、冒険心を掻き立てる力強いクロスオーバースタイルに、低・中回転域から高回転域までスムーズな出力特性のエンジンを搭載し、市街地走行からツーリングまで幅広い使用用途を可能としたモデルとして好評を得ている「400X」の熟成を図るとともに、カラーリングを変更して、4月17日(月)に発売する。

また、そのほかの変更点として、アンダーカバーを廃止することで、サイドビューの軽快なイメージを強調。新たに小型のメインステップホルダーを採用している。

希望小売価格は、400X 741,960円(税込)、400X ABSは792,720円(税込)となっている。

旅への志が磨いた、アドベンチャー仕様のスタイリング


冒険心を高揚させるダイナミックなスタイリングコンセプト「FEEL THE ADVENTURE FORM」を踏襲したデザインの400Xは、低・中回転域から高回転域までスムーズで扱いやすい出力特性で定評のある水冷・DOHC・直列2気筒400ccエンジンを搭載したクロスオーバーモデルとなっている。

今回、軽快感のあるデザインと歯切れのよい排気サウンドが魅力の小型異形マフラーを採用するとともに、小型のメインステップホルダーを採用。またアンダーカバーを廃止することで、サイドビューの軽快なイメージを強調させた。

車体色には、新たに上質感のあるキャンディープロミネンスレッドと街中でも映えるソードシルバーメタリックを採用し、継続色のパールサンビームホワイトと合わせ、全3色の設定としている。

心躍る旅へと誘うダイナミックな走りのために


最高出力を9,500rpmで発生する399cc・水冷直列2気筒エンジン。バルブサイズやボア×ストローク比、ポート形状の検討を重ね、吸・排気の流れを効率化することで、日常の移動で最も使用頻度が高い低・中回転域ではトルクフルで扱いやすく、また高回転域ではパワフルなエンジン特性を実現している。

動弁系は、バルブ挟み角、ポート形状、燃焼室形状の設計自由度が高いDOHCとし、摩擦の低減に効果的なローラーロッカーアームやサイレントカムチェーンを導入。

さらに、180°位相クランクの採用とともに、バランサーの位置をシリンダーの背面とすることでエンジンの低振動化とコンパクト化を実現。優れた静粛性も叶えている。

■名称
400X / ABS

■メーカー希望小売価格
400X
741,960円(消費税抜き本体価格 687,000円)

400X ABS
792,720円(消費税抜き本体価格 734,000円)

■発売日
2017年4月17日(月)

■販売計画
700台(国内・年間)

■カラー
キャンディープロミネンスレッド
ソードシルバーメタリック

400X キャンディープロミネンスレッド

400X ソードシルバーメタリック

400X / ABS主要諸元

通称名 400X
車名・型式 ホンダ・2BL-NC47
全長×全幅×全高 (mm) 2,085×830×1,335
軸距 (mm) 1,410
最低地上高 (mm) 150
シート高 (mm) 795
車両重量 (kg) 192〔194〕
乗車定員 (人) 2
燃料消費率※1(km/L) 国土交通省届出値
定地燃費値
39.7(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値(クラス) 28.2(クラス3-2)※2 <1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.7
エンジン型式・種類 NC47E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 直列2気筒
総排気量 (cm3 399
内径×行程 (mm) 67.0×56.6
圧縮比 11.0
最高出力 (kW[PS]/rpm) 34[46]/9,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 37[3.8]/7,500
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 17
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1 速 3.285
2 速 2.105
3 速 1.600
4 速 1.300
5 速 1.150
6 速 1.043
減速比(1次/2次) 2.029/3.000
キャスター角(度)/トレール量(mm) 25°55´/105
タイヤ 120/70ZR17M/C(58W)
160/60ZR17M/C(69W)
ブレーキ形式 油圧式ディスク
油圧式ディスク
懸架方式 テレスコピック式
スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 ダイヤモンド

〔 〕内はABS仕様
■道路運送車両法による型式指定申請書数値(★の項目はHonda公表諸元)
※1燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります。
※2WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます。

【400X:現行車種の詳細スペックはこちらから】
400X
【関連ニュース】
◆【新車】ホンダ、スポーツモデル「CBR400R」のカラーリングを変更し発売

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
  2. 専用設計でペール缶にピッタリフィット パーツの企画・製造・販売を行うマジカルレーシングは、…
  3. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 「トータルコントロール」が開発テーマ CB250…
  4. オートバイパーツ、車体の塗装・整備を行うAWANOメンテナンスサービスは、オンロードバイク用…
ページ上部へ戻る