【新車】ヤマハ、Vツインエンジン搭載のクルーザーモデル「BOLT / Rスペック」2017年モデルを発売

ヤマハ発動機は、941cc空冷Vツインエンジンを搭載するクルーザーモデル「BOLT ABS」および「BOLT Rスペック ABS」の2017年モデルを5月25日より発売する。

「BOLT」は、”Ultimate Purely Bobber”をデザインコンセプトに、外装をシンプルに仕上げるカスタムトレンドのひとつである”ボバースタイル”を再現したモデルとして人気となっている。

2017年 BOLT ABS / BOLT Rスペック ABS 主な特徴

1) カラーリングの変更
2) 溶接後の処理が目立たないフランジレス燃料タンク(容量1L増加の13L)の採用。

「BOLT ABS」では、ブラックの基本色にシンプルなグラフィックを配しながら、スポークホイールを新採用してカスタムのベースモデルとなるイメージを強調。

リザーバータンク付きリアサスペンション、バックスキン調シートなどを装備する上級モデル「BOLT Rスペック ABS」では、クルーザーらしい前に突き進むイメージを思わせる水平基調のグラフィックを採用したレッド、大胆なループ形状のグラフィックを採用したグレーの2色を設定。

■名称/カラー

BOLT ABS
・ブラックメタリックX (ブラック)

BOLT Rスペック ABS
・ダルレッドカクテルB (レッド)
・ライトグレーメタリックB (グレー)

■発売日
2017年5月25日

■メーカー希望小売価格
BOLT ABS
961,200円(本体価格 890,000円/ 消費税 71,200円)

BOLT Rスペック ABS
1,006,560円(本体価格 932,000円/ 消費税 74,560円)

■販売計画
500台(年間、国内)

鼓動


軽快な走りを支えるのが、空冷60度Vツインエンジン。専用のFIセッティングにより、アーバン・ファン・ライディングにおける中低速での軽快な加速性を実現した。エアクリーナーは、優れた吸気効率とエンジンの塊感をより体感させ、またフィット感ある乗車性にも貢献する形状。

さらに、フロント側にまわり込んだ後気筒エキゾーストパイプとショートサイレンサーが特色の、右出し・2-1エキゾーストパイプを装着。市街地での快適で軽快なドライバビリティを支えるとともに、ボディの塊感と疾走感を表現している。

軽快


スリムで伝統的な、ティアドロップ型の燃料タンク。その容姿を美しく表現するため、新たに溶接跡の突起がないフランジレスタイプとし、容量も前モデルから1ℓ増加の13ℓを確保した。エンジンをリジット懸架し、車体強度メンバーとして活用したダブルクレードルフレームは、心地良いパルス感をライダーに伝える。

ホイールベースは、1,570mmとショート設定。市街地での曲がりやすい特性と、安定感あるハンドリングを両立した。フロントサスペンションは、インナーチューブ径41mmの正立式、リアは伝統的な2本サスペンションを装着。BOLT RスペックABSのキャストホイールは、強靭さを醸し出すデザイン。一方、BOLT ABSは新たにスポークホイールを採用。

簡潔


デザインコンセプトは「Ultimate Purely Bobber」。ボバースタイルの走りを追求し、無駄を取り除くこと。シンプルを徹底して追求、走りのための装備を必要最低限に絞り込んだ車体とし、エンジンの塊感の強調につながるデザインを実現した。

BOLT RスペックABSは、レッドとグレーの2色を新たに設定。高品質水貼りグラフィック採用により、Rスペックの持つパフォーマンスイメージをグラフィックで表現している。BOLT ABSは、新たにブラックを設定。高品質水貼りグラフィックに加え、シンプルさを追求。

2017年 BOLT ABS

▼ブラックメタリックX (ブラック)

2017年 BOLT Rスペック ABS

▼ダルレッドカクテルB (レッド)

▼ライトグレーメタリックB (グレー)

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 西日本最大級のオートバイ総合イベント「第34回大阪モーターサイクルショー2018」が2018…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先週、カワサキ2018ニューモデルのメディ…
  3. 世界最大の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー『EICMA』、通…
ページ上部へ戻る