【新車】ヤマハ、日常を冒険に変える「SCR950 ABS」を新発売 “スクランブラー”スタイルの941cc 空冷Vツインスポーツモデル

ヤマハ発動機は、人気の“スクランブラー”スタイルに941cc空冷Vツインエンジンを搭載したスポーツモデル「SCR950 ABS」を5月25日より発売する。

今回発売される「SCR950 ABS」は、“Tough Explorer”をコンセプトに、鼓動感のあるVツインエンジンの搭載、自由度の高いライディングポジションの採用、1960年代のオンロード・オフロードを走行する“スクランブラー”を思わせるスタイリングを再現したモデルとして開発。

北米では、2016年7月に発売され人気を博している。

【関連ニュース】
◆[新車]ヤマハ、新しいスクランブラーモデル「SCR950」を北米向けに発売

■名称
SCR950 ABS

■メーカー希望小売価格
1,060,560円 [消費税8%含む] (本体価格 982,000円)

■発売日
2017年5月25日

■販売計画
300台(年間、国内)

■カラー
・ビビッドレッドカクテル1(レッド)
・ダークブルーイッシュグレーメタリック8(グレー)

毎日を、冒険しよう。

トルク感と鼓動感に満ちた走り


空冷4ストローク・60度Vツインエンジン搭載。85.0×83.0mmのボア・ストローク、9.0:1の圧縮比、専用FIセッティングにより、優れたトルク、出力特性を発揮。また軽量アルミ鍛造ピストン、放熱性に優れるメッキシリンダー、ロス低減を図るローラーロッカーアーム、クランクマス最適設計などの効果が相まって、幅広いレンジで豊かなトルクを実現している。

エンジン右側に配置したエアクリーナーは優れた吸気効率を確保しつつ、パワーユニットまわりのコンパクト化に貢献。フラットシートとのコンビネーションで、自由度の高いライディングポジションに寄与している。

自由度の高いライディングポジションと軽快なハンドリング


リアフレームはシートレール部をほぼ水平とし、薄型の新シートとの調和で幅広い乗車ポジションを可能とした。エンジンはリジット懸架とし、車体強度メンバーに活用、心地良いパルス感をライダーに伝える。

フロントサスペンションは41mmの正立式。リアサスペンションは減衰特性を専用セッティング、ほどよい減衰感と底付き感のない乗り心地に貢献。さらに優れた走行性を引き出すため、17インチのリアタイヤを採用した。

ティアドロップを印象付ける容量13ℓ・フランジレスタンクは、天面・側面ともにフラットで、ボディの「メリハリ感」「スリム&コンパクト感」を強調。加えて丸型LEDテールランプと同モチーフの、丸型ケーススピードメーター(スモークレンズ)を装備している。

ヴィンテージ感とスクランブラースタイル


「Tough Explorer」のモデルコンセプトに基づいたスタイリング。幅広ハンドル、ゼッケン風サイドカバー、スポークホイール、スラントマフラー、フラットシートなどを採用。これらのパーツをバランスさせながら、“スクランブラー”の香りを漂わせている。

フロントフラッシャーはハンドルクラウンと同一の高さとして、背の高いシルエットを強調。一方ではフランジレスタンクや液晶メーターなど、最新の装備でトレンド感を織り込んでいる。

SCR950 ABS

▼ビビッドレッドカクテル1(レッド)

▼ダークブルーイッシュグレーメタリック8(グレー)

SCR950 ABS 主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BL-VN09J/N609E
全長×全幅×全高 2,255mm×895mm×1,170mm
シート高 830mm
軸間距離 1,575mm
最低地上高 145mm
車両重量 252kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値
60km/h定地燃費値*2
31.0km/L 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 21.2km/L(クラス3 サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・4バルブ
気筒数配列 V型2気筒
総排気量 941cc
内径×行程 85.0mm×83.0mm
圧縮比 9.0:1
最高出力 40kW(54PS)/5,500r/min
最大トルク 80N・m(8.2kgf・m)/3,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ウェットサンプ
エンジンオイル容量 4.30L
燃料タンク容量 13L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V, 11.2Ah(10HR)/YTZ14S
1次減速比/2次減速比 1.674(72/43)/2.333(70/30)
クラッチ形式 湿式,多板
変速装置/変速方法 常時噛合式5速/リターン式
変速比 1速 3.066/2速 2.062/3速 1.578/4速 1.259/5速 1.041
フレーム形式 ダブルクレードル
キャスター/トレール 29°00’/130mm
タイヤサイズ(前/後) 100/90-19M/C 57H/140/80R17M/C 69H (前後チューブタイプ)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム(リンク式)
ヘッドライトバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,60/55W×1

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ページ上部へ戻る