【新車】HRC、「CBR250RRレースベース車」の情報を公開 5月下旬より販売開始

標準装着部品情報を公開。全てがレース仕様のベースモデル

ホンダレーシング(HRC)は、「CBR250RRレースベース車」の情報を公開し、5月下旬より全国のHRCサービスショップに供給することを発表した。

「CBR250RRレースベース車」は、レース走行に不要なパーツ(ヘッドライトやストップランプ等)を外し、ECUやハーネスをレース専用のパーツに交換。クラス初搭載のスロットル・バイ・ワイヤ(TBW)もレース仕様としている。

また、ハンドシフター、ピットレーンスピード制御スイッチ、モード切り替えスイッチも装備。本格的なレースベース車に仕上がっている。

170405_03

各サービスショップ独自のマシンが販売される

このレースベース車を元に、各サービスショップが独自開発したレース走行に必要なパーツ(カウル・サイレンサー・ステップ等)を組み込み、完成車として発売する。そのため、販売時期・仕様・価格については、各サービスショップに問い合わせる必要がある。

》HRCサービスショップ

※画像はレース専用部品を組み込んだイメージ画像。カラーリングも撮影用に施されたもの。

CBR250RRレースベース車標準装着部品

170405_02

(1)左ハンドルにはシングルモデル同様、ハンドシフターとモード切替スイッチ、ピットレーンスピード制御スイッチを装備。さらにクラス発搭載のスロットル・バイ・ワイヤー(TBW)のモード切替スイッチも装備
(2)ラップタイムの計測が可能(公道車同様装備)
(3)専用カウルステーにレース用バンクアングルセンサーを装備
(4)専用ECUはレース専用マッピングに加えセッティングツール対応とし、ライダーの細かな要望に答える仕様

→全文を読む

情報提供元 [ HRC ]

関連記事

ページ上部へ戻る