【モーターサイクルショー2017】ピアッジオグループブースギャラリー

国内最大級のモーターサイクルイベント「第44回東京モーターサイクルショー」が、2017年3月24日(金)・25日(土)・26日(日)の3日間、東京ビッグサイトにて開催されました。
Webikeでは展示・発表されたニューモデルたちの詳細や会場で感じられた熱気を、新車を中心に撮りたてのフォトレポートでお届けします!

ピアッジオ出展概要

ピアッジオグループジャパンの出展ブースでは、「アプリリア」「モト・グッツィ」「ベスパ」の3つのブランドから、計11台のモデルを展示。

モト・グッツィは、2016年のミラノEICMAショーにて公開され、V7シリーズ3代目へと進化し、本年夏に国内発売予定の最新モデルV7 IIIシリーズをアジア初公開。

アプリリアは、今回よりEuro4適合したフラッグシップモデル「RSV4 RF」と「TUONO V4 1100 Factory」の2017年モデルが、日本正式導入に先駆けて特別展示。

ベスパは、現行モデルラインナップである「GTS250」「Primavera 125 ABS」「Sprint 150 ABS」「PX150」の各モデルがスタイリッシュに展示されました。

【関連ニュース】
◆ピアッジオ、第44回東京モーターサイクルショー出展概要を発表 アジア初公開モデル含む11モデルを出展

RSV4 RF

TUONO V4 1100 Factory

V9 ROAMER

V9 BOBBER

V7 III Racer

V7 III Anniversario

V7 II STONE

GTS250

PX150/125

SPRINT150

CONFERENCE

■【モーターサイクルショー2017】関連ニュース・ギャラリー

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る