BMW、「S1000RR」にナットが外れて走行不能となるおそれ

■リコール対策届出日
2017年03月22日

■リコール対策届出番号
リコール 外-2459-0

■リコール対策開始日
2017年03月23日

■届出者の氏名又は名称
ビー・エム・ダブリュー株式会社

■問い合わせ先
BMWカスタマー・インタラクション・センター
0120-269-437
受付時間:平9:00~19:00、土日祝9:00~18:00
※日本国内のみ
※IP電話は一部つながらない場合あり

■不具合の部位(部品名)
その他(車枠車体)

■不具合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
緩衝装置のリレーレバーの取付が不適切なため、取付部の固定ボルト及びナットが規定のトルクで締め付けられていないものがある。そのため、固定ボルトおよびナットが緩み、最悪の場合、固定ボルト及びナットが外れて走行不能となるおそれがある。

■リコール措置の内容
全車両、固定ボルトおよびナットを、新品に交換する。

■自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
リレーロッドに白ペイントマークを付ける。

■車名
BMW

■通称名
S1000RR

■型式
EBL-S10CA

■改善対策対象車の車台番号(シリアル番号)の範囲及び製作期間・台数
・通称名:「S1000RR」
 型式:EBL-S10CA
 車台番号:WB10D5003HZ700777
      WB10D5009HZ700847
 製作期間:2016年10月13日 から 2016年11月08日
 対象台数:2台

・通称名:「S1000RR」
 型式:EBL-S10CA
 車台番号:WB10D1009GZ340325
 製作期間:2016年10月13日 から 2016年11月08日
 対象台数:1台

■合計
・製作期間の全体の範囲:2016年10月13日 から 2016年11月08日
・計1型式1車種
・計3台

【注意事項】
・リコール対策対象車の車台番号の範囲には、対象とならない車両も含まれている場合があります。

→全文を読む

情報提供元 [ 国土交通省 ]

20150605_mybike_impcamp_800_250

中古車や、譲渡で入手したバイクだと、リコールの情報が届かないことも。WebikeではMYバイクへの登録で、リコール情報をメールにてお届けします!
 ※アカウントの登録が必要です
Webikeコミュニティ MYバイク登録方法

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る