鈴鹿サーキットSRS-Motoから「Team SRS-Moto」発足 全日本ロードレースにシリーズ参戦

鈴鹿サーキットの2輪レーシングスクールである鈴鹿サーキットレーシングスクールモト(SRS-Moto)は、「Team SRS-Moto」として2017年MFJ全日本ロードレース選手権にシリーズ参戦することを発表した。

Team SRS-Motoは、2016年度のスカラシップ生である中島元気をライダーに起用し、また全日本ロードレース選手権125ccクラスでシリーズチャンピオン獲得経験のある菊池寛幸氏を監督に迎え、J-GP3クラスに出場する。
参戦初年度より、シリーズチャンピオンを目標に活動している。

SRS-Motoは、1992年に開校し25年以上もの間、多くのトップライダーを国内外モータースポーツ界に輩出してきた。昨年2016年よりスカラシップ制度を新たに導入し、年間を通じて好成績を残した生徒をスカラシップ生として選出した。

チーム概要

チーム名:Team SRS-Moto
ライダー:中島元気
監督:菊池寛幸
使用マシン:NSF250R
メンテナンス:株式会社バトルファクトリー
参戦レース:2017MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ J-GP3クラス

▲左から、菊池寛幸監督、中島元気、メカニックの久野真治

▲レーシングスーツ ※イメージ

ライダー紹介


中島 元気(Genki Nakajima)
静岡県沼津市出身 17歳

【主な戦歴】
2016年 鈴鹿サンデーロードレース
J-GP3 NATクラスシリーズチャンピオン(1勝)

【コメント】
新チーム発足となって、テストの段階から恵まれた環境で走れていることをとても嬉しく思っています。
全日本ロードレース選手権が開催されるサーキットの中には、初めて走ることになるところもありますが、SRSや昨シーズン参戦した鈴鹿サンデーロードレースで得た経験を活かし、フィジカル面でもさらに自分を追い込み、強いライダーとなって、初年度からチャンピオン目指して全力で頑張ります。
このようなチャンスを与えてくださり、本当にありがとうございます。

→全文を読む

情報提供元 [ 鈴鹿サーキット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る