ツインリンクもてぎ、「2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦」開催概要を発表

ツインリンクもてぎは、6月10日(土)、11日(日)に開催する「2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦 TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE」の開催概要を発表した。
チケットは4月8日(土)より販売開始となる。

2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ第4戦
TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE

モビリティランドは、ツインリンクもてぎで2017年6月10日(土)、11日(日)に、「2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦 TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE」を開催いたします。

本大会では、MotoGPTM日本グランプリの会場となるツインリンクもてぎのロードコースを舞台に、国内最高峰クラスのJSB1000をはじめ、J-GP2、ST600、J-GP3の全4クラスを開催いたします。

JSB1000クラスは、史上初となる5連覇を達成した中須賀克行を中心に実力派ライダーが揃い、清成龍一と高橋裕紀を擁したMORIWAKI MOTUL RACINGの参戦や新たにステップアップした松﨑克哉、上和田拓海、濱原颯道らにも注目が集まり、話題の多いシーズンとなります。
このJSB1000クラスの予選では、3年目となるサバイバル方式を導入し、緊張感のある展開をお楽しみいただけます。

また、サポートレースとして、ロードレースで世界を目指す若者が参加する「KTM 390CUP」と、より多くのライダーにご参加いただけるクラスとして門戸を広げた「KTM 250CUP」を併催いたします。

なお、本大会の前売チケットは4月8日(土)より発売いたします。今年は、大人観戦券がパスポート付(1日分)となり、よりツインリンクもてぎをお楽しみいただけます。

開催概要

■大会名称
2017 MFJ全日本ロードレース選手権シリーズ 第4戦
TWIN RING MOTEGI SUPERBIKE RACE

■開催日
6月10日(土)・11日(日)

■開催クラス
JSB1000、J-GP2、ST600、J-GP3

■併催レース
2017もてぎロードレース選手権 第3戦 KTM 390CUP / KTM 250CUP

■主催
株式会社モビリティランド/一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)

■協力
エムオースポーツクラブ(M.O.S.C.)
公認 一般財団法人 日本モーターサイクルスポーツ協会(MFJ)
後援 スポーツ庁、観光庁、茂木町




→全文を読む

情報提供元 [ ツインリンクもてぎ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る