ヤマハ、東京モーターサイクルショー概要を発表!最新・人気モデル27台を展示


ヤマハ発動機は、3月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催される「第44回東京モーターサイクルショー」への出展概要を発表した。

国内初公開となる「MT-10」「TMAX530」「SCR950」や最新・人気モデルなど、27台を展示する。

以下リリースより

仲間がひろがる、未来をひろげる

「ヤマハに乗れば世界はこんなに楽しく、仲間もたくさん増える!」というヤマハモデルの魅力や楽しみ方をひろくお伝えしようと、“仲間がひろがる、未来をひろげる。”をブーステーマに「第44回 東京モーターサイクルショー」に出展します。
 
リリース直後の「MT-10」や「AXIS Z」、モデルチェンジしたばかりの「MT-09」に「TMAX530」をお披露目するほか、従来からの「MTシリーズ」「YZF-Rシリーズ」「MAXシリーズ」に、「TRICITY155」が加わってバリエーションが増えた、フロント2輪が特徴の「LMW(リーニングマルチホイール)」のテクノロジーを訴求。

また最新のコンポーネントを持ちながらオーセンティックで普遍的なモーターサイクルらしいスタイリングを融合させた「FASTER SONS」コーナーや利便性・快適性に優れ毎日を楽しく彩る125ccスクーターコーナーも設置します。
 
さらに、全日本選手権に参戦するヤマハライダーによるトークショーを行うほか、部品・用品のワイズギアとの合同展示により、モデルの特徴に合わせたアクセサリーの楽しみ方提案から、ヘルメットやアパレル、ケミカルなどのモーターサイクルライフに欠かせない周辺アイテム展示まで、トータルでヤマハの魅力をお伝えします。

▲MTシリーズ:MT-10 SP▲MAXシリーズ:TMAX530
▲MAXシリーズ:NMAX155▲LMWシリーズ:TRICITY155

東京モーターサイクルショー ヤマハブース概要

■展示車両 計27台(予定)
【国内初お披露目モデル】
・MT-10 SP(カラーメーターなどの先進機能を体感いただけます)
・TMAX530 DX、SCR950(市販予定)
・XMAX250(市販予定)
・AXIS Z

【参考出品モデル】YZR-M1、XSR900 “Faster Sons”コンセプト
【MTシリーズ】MT-10、MT-09TRACER、MT-09、MT-07、MT-03
【YZF-Rシリーズ】YZF-R25
【MAXシリーズ】TMAX530 、NMAX155、XMAX250
【LMWシリーズ】TRICITY155、TRICITY125
【FASTER SONS】VMAX、XSR900、SCR950
【125ccスクーターワールド】AXIS Z、シグナスX SR など
★「MT-07」「MT-03」「YZF−R25」の軽さ体験コーナーを今年も実施
※YZR-M1、YZF-R25などはワイズギアブースに展示予定

■トークショー イベント
3月25日(土):中須賀克行選手、平田優選手、渡辺祐介選手、黒山健一選手、藤田拓哉選手
3月26日(日):中須賀克行選手、平田優選手、渡辺祐介選手、黒山健一選手、藤田拓哉選手
※展示モデルや各イベントの詳細は変更になる可能性がございます。ご了承ください。

■【モーターサイクルショー2017】関連ニュース・ギャラリー

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る