[JTR]Rd.1 黒山健一、開幕ダッシュ!王座奪還への期待を一気に高める

今年も茨城県の真壁トライアルランドで開幕した、全日本トライアル選手権シリーズ(全7戦)は、第1戦関東大会は好天に恵まれ、多くの観客が競技を楽しんだ。

■開催日:2017年3月12日
■開催地:茨城県・真壁トライアルランド
■観客:2,600人
■気温:13度
■天候:晴れ
■競技:12セクション×2ラップ+SS-2セクション
■持ち時間:5時間(12セクション×2ラップ)
■最多クリーン数:黒山健一(ヤマハ)/16

ヤマハの黒山健一が、開幕ダッシュ!

ヤマハファクトリーレーシングチームから参戦する黒山健一(ゼッケン2)は、昨年の終盤戦から新型エンジン搭載のニューマシンTYS250Fiに乗り、最高峰の国際A級スーパークラスで5年ぶりの王座奪還と通算12回目のチャンピオン獲得(史上最多王座獲得記録更新)をめざす。

SSを前にしてのトップ3の順位は、黒山17点、小川(毅)35点、小川(友)37点。SS1つ目のセクションは3人ともクリーン=減点0で順位は変わらず。

迎えた最終セクション、多くのライダーが失敗した難所を減点1で手堅くこなした黒山が、ついに圧倒的リードのまま開幕ダッシュを成し遂げた。

ホンダの小川(友)は最終セクションで小川(毅)を逆転して2位となったが、タイトル争いで4連敗している、ホンダの小川(友)に開幕戦からダブルスコア以上の大差で勝った黒山が、王座奪還への期待を一気に高めた。

次回第2戦・近畿大会は4月16日、和歌山県の湯浅トライアルパークで行われる。

RESULT

1 黒山健一 ヤマハファクトリーレーシングチーム Yamaha 減点18/クリーン16
2 小川友幸 HRCクラブMITANI Honda 減点37/クリーン14
3 小川毅士 宗七音響 Wise Beta Team Beta 減点38/クリーン15
4 野崎史高 YSP京葉×KEN OKUYAMA Sherco 減点51/クリーン10
5 柴田暁 Vertigo with Mitani Vertigo 減点/69クリーン5
6 斎藤晶夫 Honda ブルーヘルメット Honda 減点86/クリーン2
7 野本佳章 モトベント&ベータ Beta 減点93/クリーン4
8 吉良祐哉 チーム ナミタBeta Beta 減点99/クリーン4
9 岡村将敏 TOP DOGS & YSP京葉 Scorpa 減点109/クリーン0
10 久岡孝二 Vertigo with Mitani Vertigo 減点109/クリーン0

RIDERS RANKING

1 黒山健一 Yamaha 20ポイント
2 小川友幸 Honda 17ポイント
3 小川毅士 Beta 15ポイント
4 野崎史高 Sherco 13ポイント
5 柴田暁 Vertigo 11ポイント
6 斎藤晶夫 Honda 10ポイント
7 野本佳章 Beta 9ポイント
8 吉良祐哉 Beta 8ポイント
9 岡村将敏 Scorpa 7ポイント
10 久岡孝二 Vertigo 6ポイント

関連記事

編集部おすすめ

  1. 第2戦 ツインリンクもてぎ大会の冠協賛が決定 6月2日(土)・3(日)にツインリンクもてぎ…
  2. カワサキは、「カワサキショールーム」をマーチエキュート神田万世橋に期間限定でオープンした。 …
  3. MVアグスタは、群馬県太田市のディーラー「M.C.ファクトリー フクシ」にて1月27日(土)…
  4. ハーレーダビッドソン ジャパンは、1月26日(金)より正規ディーラーにて「ハーレーダビッドソ…
ページ上部へ戻る