【新車】スズキ、2017モデルの「GSX-S1000」「GSX-S1000F」にスリッパークラッチを採用し、新色を追加

スリッパークラッチを採用し、新色を追加

スズキは、高揚感のある加速と軽快な走りを楽しめるロードスポーツバイク「GSX-S1000 ABS」と「GSX-S1000F ABS」の仕様を一部変更し、3月30日より発売する。

仕様変更の中での注目はスリッパークラッチを採用した点。また、「GSX-S1000 ABS」「GSX-S1000F ABS」ともに新色が設定された。

170317_03
▲スリッパークラッチ

GSX-S1000 ABS 2017

メーカー希望小売価格:1,131,840円(税込)

【グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック(新色)】

【グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド】

【マットブラックメタリック No.2(特別色)】

GSX-S1000F ABS 2017

メーカー希望小売価格:1,185,840円(税込)

【グラススパークルブラック/トリトンブルーメタリック(新色)】

【グラススパークルブラック/キャンディダーリングレッド】

主な変更点

■エンジンの基本構成はそのままに、出力、パワーフィーリングの向上
■最高出力を107kw(145ps)から109Kw(148ps)へ、最大トルクを106N・m(10.7kgf.m)から107N・m(10.9kgf・m)に向上
■スリッパークラッチを採用。シフトダウン等における過度のエンジンブレーキによる後輪のロック
やホッピングを抑制し、後輪から伝達されるバックトルクを制限する
■ステップ、ステップブラケット、ハンドルレバー等をブラック化し質感を向上
■平成28年国内新排出ガス規制に対応。
■「GSX-S1000 ABS」には特別色マットブラックメタリックNo.2 を設定
■マットブラックのサイレンサー、フロントのアウターチューブをブラック化、専用デカール、専用リムストライプを採用

製品情報

「GSX-S1000 ABS」「GSX-S1000F ABS」は、スーパースポーツバイク「GSX-R1000」(海外向けモデル)のエンジンをベースとした直列4気筒エンジンを搭載。高回転域の出力特性を損なうことなく、力強い低中速トルクにより街中やワインディングロードでの高揚感のある加速を楽しめる特性とした。

また、軽快にライディングを楽しむため、軽量フレームをはじめとした小型・軽量な車体を新開発。街中からワインディングまでの多様な走行シーンにおいて、軽快でニュートラルなハンドリングと、アップハンドルによる前傾の少ない乗車姿勢を実現した。

「狩りをする野獣」をコンセプトにデザインされた、低く構える野獣を想起させるボディ形状を採用し、「GSX-S1000F ABS」には高速走行や長距離ツーリング時の快適性を高めるフルカウル(風防)を装着。

3段階から選択可能なトラクションコントロールや、レンサル社製アルミハンドルバー、ブレンボ社製ラジアルマウントフロントブレーキキャリパー、ABSを標準装備とし、スタータースイッチを押し続けずにワンプッシュするだけでエンジンが始動する「スズキイージースタートシステム」が採用された。

※1(低)/ 2(中)/ 3(高)の3 段階(解除可能)

170317_06

▲GSX-S1000 ABS

▲GSX-S1000F ABS

GSX-S1000 ABS 2017 主要諸元※1

型式 2BL-GT79B
全長 / 全幅 / 全高 2,115mm / 795mm / 1,080mm
軸間距離 / 最低地上高 1,460mm / 140mm
シート高 810mm
装備重量 ※2 209kg
燃料消費率 ※3 国土交通省届出値:定地燃費値 ※4 24.3km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※5 18.7km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
最小回転半径 3.1m
エンジン型式 / 弁方式 T719・水冷・4サイクル・直列4気筒 / DOHC・4バルブ
総排気量 998cm3
内径×行程 / 圧縮比 73.4mm × 59.0mm / 12.2
最高出力 ※6 109kW〈148PS〉 / 10,000rpm
最大トルク ※6 107N・m〈10.9kgf・m〉 / 9,500rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 圧送式
潤滑油容量 3.4L
燃料タンク容量 17L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.562
2速 2.052
3速 1.714
4速 1.500
5速 1.360
6速 1.269
減速比(1次 / 2次) 1.553 / 2.588
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター / トレール 25°/ 100mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式ダブルディスク(ABS) / 油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後) 120/70ZR17M/C(58W) / 190/50ZR17M/C(73W)
舵取り角左右 31°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年国内排出ガス規制に対応

※1:主要諸元は道路運送車両法による型式指定(認定)申請書の数値。(シート高を除く)
※2:装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量。
※3:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※4:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率。
※5:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。
※6:エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わった。〈 〉内は、旧単位での参考値。

GSX-S1000F ABS 2017 主要諸元※1

型式 2BL-GT79B
全長 / 全幅 / 全高 2,115mm / 795mm / 1,180mm
軸間距離 / 最低地上高 1,460mm / 140mm
シート高 810mm
装備重量 ※2 214kg
燃料消費率 ※3 国土交通省届出値:定地燃費値 ※4 24.3km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※5 18.7km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時
最小回転半径 3.1m
エンジン型式 / 弁方式 T719・水冷・4サイクル・直列4気筒 / DOHC・4バルブ
総排気量 998cm3
内径×行程 / 圧縮比 73.4mm × 59.0mm / 12.2
最高出力 ※6 109kW〈148PS〉 / 10,000rpm
最大トルク ※6 107N・m〈10.9kgf・m〉 / 9,500rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 圧送式
潤滑油容量 3.4L
燃料タンク容量 17L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速 2.562
2速 2.052
3速 1.714
4速 1.500
5速 1.360
6速 1.269
減速比(1次 / 2次) 1.553 / 2.588
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター / トレール 25°/ 100mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式ダブルディスク(ABS) / 油圧式シングルディスク(ABS)
タイヤサイズ(前 / 後) 120/70ZR17M/C(58W) / 190/50ZR17M/C(73W)
舵取り角左右 31°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年国内排出ガス規制に対応

※1:主要諸元は道路運送車両法による型式指定(認定)申請書の数値。(シート高を除く)
※2:装備重量は、燃料・潤滑油・冷却水・バッテリー液を含む総重量。
※3:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※4:定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率。
※5:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。
※6:エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わった。〈 〉内は、旧単位での参考値。

》GSX-S1000 ABS 詳細
》GSX-S1000F ABS 詳細

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る