[Team KAGAYAMA]3シーズン目となる「スズキ・アジアン・チャレンジ」に「GSX-R150」を投入

2015年シーズンからFIMアジアロードレース選手権 (ARRC) に新設された、加賀山就臣がプロデュース・監修するスズキのライダー育成プログラム「スズキ・アジアン・チャレンジ(SAC)」。
2017シーズン開幕にあたり、スズキ・インドネシアで製造する150ccロードバイク「SUZUKI GSX-R150」を使用してのシリーズに生まれ変わることとなった。

2017シーズンはSUZUKI GSX-R150

スズキ・アジアン・チャレンジ(SAC)は、レースを通じて人として、そして国際派ライダーとして活躍できるよう成長を促すことを目標としており、ライディングテクニックだけでなく、レースマナーやさまざまな場面でのコミュニケーション能力も鍛えていこうというプログラムが組まれている。

これまでに10か国、延べ33名のライダーがこのプログラムに参加している。

SACは、スズキの150㏄ロードモデルを使用し、イコールコンディションで各選手が競い合うワンメイクレースとなる。開幕初年度となった2015年はSUZUKI FU150を使用。
翌年はシーズン途中から、フューエルインジェクションを搭載し進化した、SUZUKI SATRIA(サトリア)F150に車両変更。

そして3年目となる、2017シーズンはSUZUKI GSX-R150に車両を変更して、時代に合わせ、常に最新のモデルでこのプログラムを進めている。


GSX-R150はバックボーン式のフレームを採用。市販車のスペックは、全長2020mm×全幅700mm×全高1075mm。ホイールベースは1300mm。車両重量は131kg。

エンジンは、サトリアF150と基本的に一緒である147.3cm3の水冷4バルブ単気筒DOHCエンジン(最高出力14.1kW/最大トルク14.0N・m)を搭載するが、ギヤレシオも車両重量も異なり、最高速度はサトリアF150を大きく上回る。SACでは、この車両をレース仕様にリファインして使用することとなる。

インドネシアにあるスズキの子会社、スズキ・インドモービル・モーター社(SIM社)が生産を行なうモデルで、すでにインドネシアでは市販車の販売が開始されており、この後、順次アセアン地域で販売がスタートすることとなっている。

3シーズン目を迎えるSACは、各国での予選会や選考を経て、日本、インドネシア、フィリピン、マレーシア、タイ、インド、スリランカ、ネパール、オーストラリアのアジア9カ国から合計16名のライダー(5名が継続、1名が復帰参戦)が、ARRCオープンテストに組み込まれたSACのテストで最終審査を行なうこととなっている。

ARRCオープンテストは、2017シーズン開幕戦でも使用されるマレーシアのジョホール・サーキットで3月15日・16日の2日間開催される。

→全文を読む

情報提供元 [ Team KAGAYAMA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る