ドゥカティ、第1回「世界におけるイタリアン・デザイン・デイ」の主役を務める

ドゥカティは、イタリア外務省が取り組む、デザインを通して世界にイタリアの素晴らしさを伝えるプロジェクト「世界におけるイタリアン・デザイン・デイ」において、「1199 Panigale S」がイタリア外務省庁舎のロビーに1年間展示されることを発表した。

以下、プレスリリースより

イタリア外務省庁舎で「1199 Panigale S」が来庁者を出迎える

イタリア外務省は、デザインを通して世界にイタリアの素晴らしさを伝えるプロジェクトを立ち上げ、ドゥカティをその重要なメンバーの一員として指名しました。

今回初めて行われるこの取り組みでは、イタリアを世界に広めるために、デザインが果たしている役割を強調するため、大使館、領事館、イタリア文化研究所が緊密に連携することによって、世界各国の100の大都市で100以上のイベントを開催する予定です。

ローマにあるイタリア外務省庁舎では、第1回「Italian Design Day in the World(世界におけるイタリアン・デザイン・デイ)」の記念式典と「Percorso Compasso d’Oro(ペルコルソ・コンパッソ・ドーロ)」展示会の開幕式が行なわれました。

イタリア工業デザイン協会(ADI)が主催するデザイン賞「コンパッソ・ドーロ・インターナショナル・アワード」の入賞製品を展示するこの展示会は、1年間にわたって開催されます。

ドゥカティの1199 Panigale Sは、イタリア外務省庁舎のアトリウムに展示され、来庁者を出迎える大役を担います。

1199 Panigaleは、純粋なイタリアンスタイル、最先端のテクノロジー、革新的なデザインによって、2014年に栄誉あるこの賞をモーターサイクルとして初めて受賞しました。

このイベントは、Salone del Mobile(ミラノ・サローネ国際家具見本市)、イタリア工業デザイン協会(ADI)、およびイタリア企業の国際化及び海外プロモーション庁(ICE)の協力を得て、イタリア外務・国際協力省、イタリア文化財・文化活動省およびミラノ・トリエンナーレ(ミラノで開催される美術展覧会)によって主催されます。

また、このプロジェクトには、ドゥカティの他に、イタリアの高品質なデザインを代表する主要な公的機関と民間企業、ビジネスおよびトレーニング分野で活動する企業も参加しています。

→全文を読む

情報提供元 [ Ducati Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る