排気量アップで余裕の走りを実現!新型NMAX155の魅力とは

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

NMAX_TPI005

ヤマハの「NMAX155」が国内投入されることになった。

“走りの楽しさ”と”燃費・環境性能”を両立させる155cc”BLUE CORE”エンジンを搭載。所有感を感じるスタイリングや、手軽な車体サイズながらリラックスしたライポジで好評の「NMAX125」の良さはそのままに、高速道路も走行可能な155ccエンジンを搭載し、ゆとりある走行性能を実現しているのが特徴だ。

170307_50

「NMAX155」は「NMAX125」同様、グローバルモデルとして先にインドネシアで導入されていたが、今回、国内向けモデルとして取り扱いを開始することになった。

製造はヤマハの現地グループ会社であるPT. Yamaha Indonesia Motor Manufacturing (YIMM)が行う。発売開始は4月25日となっている。

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、 高速道路も走行可能な「NMAX155」の国内取り扱いを開始
◆【新車】ヤマハ、新開発水冷BLUE COREエンジンを搭載した「NMAX」を発売 インドネシアへ導入

最高出力を25%向上した155cc BLUE COREエンジン

NMAX_TPI003

以上が、ヤマハからのリリースの要約だが、やはりトピックは排気量を拡大した、水冷4ストロークSOHC4バルブ155cc版のブルーコアエンジンを搭載していることだろう。

つまり簡単に言うと、NMAX155は同125の車体に155ccのエンジンを搭載したスケールアップ版という位置付けだ。

nmax155_feature_005_2017_001

スペック表を見ると、エンジンのボア×ストロークは58.0mm×58.7mm(125は52.0mm×58.7mm)となっていて、30cc分の排気量の上乗せはシリンダーとピストンの径を大きくしたボアアップによるものだと分かる。

排気量拡大の手法においてボアアップは一般的な方法で、エンジンをほぼ作り変えなくてはならないストロークアップに比べると、比較的簡単に開発ができる。

最高出力も15馬力(11Kw)/8,000回転ということで、125の12馬力(9.0kW)/7,500回転に比べると25%向上していて、排気量を拡大した分の効率アップをきっちり達成。

最大トルクも1.4kgf・m(14N・m)/6,000回転と、1.2kgf・m(12N・m)/7,250回転ということで、より低回転から力強いトルクを発生していることが分かる。

ハイグレードな装備と最新のスタイリング

nmax155_feature_003_2017_001-horz-vert

特徴としては、高効率燃焼に貢献する可変バルブシステムVVAの採用や、コンパクトな車体ながらもゆとりある乗車ポジション、MAXシリーズを象徴するブーメランモチーフや、精悍な二眼ヘッドライト、躍動感のあるスポーティなスタイリング、ホイールロックを抑止するABSの標準装備などが挙げられる。

これ以外にも、軽快さと安定感を併せ持つ前後13インチのワイドタイヤや、確実な制動力を発揮する、前後φ230mm大径ディスクブレーキ、フルフェイスヘルメット1個を丸ごと収納可能な容量約24リットルのシート下トランク、LEDヘッド&テールランプなども含めてNMAX125と共通のハイグレードな装備となっている。

高速道路で一気に距離を伸ばせる機動力が魅力

そして、「NMAX155」の最大のメリットは、なんといっても高速道路に乗れることだろう。

NMAX_TPI001

同じエンジンを搭載するトリシティ155でも感じたが、125よりひと回り以上太くなったトルクによる加速性能や、上乗せされた余裕のパワーを生かした高速クルーズ性能は、やはり高速域では大きなアドバンテージとなってライダーをサポートしてくれるはず。

その気になれば、二人乗りで一気に距離を伸ばすロングツーリングにも出かけられるわけだ。

原2ではないため、乗るためには普通二輪免許が必要となり、車両本体価格で125と比べると、3万5000円アップの37万8000円(消費税込み)となるが、それを差し引いても、155のメリットがもたらす魅力は大きいだろう。

NMAX_TPI002

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. ”コカ・コーラ”鈴鹿8耐へのエントリーしているTeam KAGAYAMAは、第40回の記念大…
  2. レジェンドバイク&ライダーによるデモランが決定! 鈴鹿サーキットは、鈴鹿8耐 第40回記念…
  3. クラフトマンシップが反映されたナポレオンミラー 機能性と洗練されたデザインで、長年に渡り数…
  4. 狭い場所での作業に優れた、携行しておきたい工具 点検整備に使用する作業工具などを扱うTON…
ページ上部へ戻る