TRICK STAR Racing、Webikeとタッグを組み世界耐久フル参戦 最終戦は鈴鹿8耐

17022142_1668504396498279_440750392750842768_n

TRICK STAR Racingは鈴鹿8耐を最終戦とする世界耐久ロードレース選手権(EWC)の、2017シーズンにフル参戦を発表している。

2017シーズンから世界耐久選手権は鈴鹿8耐を最終戦とするために、2016年のボルドール24時間耐久レースを「初戦」として年をまたぐという変則的なスケジュールとなった。

TRICK STAR Racingは第1戦のボルドール24時間耐久を3位で終えており、シリーズタイトル獲得に向けて幸先の用スタートを切っている。

「Webike」をスポンサーに、「Webike TRICK STAR」として世界耐久選手権に参戦

2017webiketrick001

そしてこのたび、バイクのポータルサイト、パイクパーツの通販サイトを運営する「Webike」をスポンサーとして、「Webike TRICK STAR」として世界耐久選手権に参戦することを発表した。

また、鈴鹿8時間耐久ロードレースでは、エヴァンゲリオンとタッグを組み、「エヴァ RT 初号機 Webike TRICK STAR」のチーム名で戦うことを発表した。

世界耐久シリーズを戦うにあたり、参戦する3名のライダーは、出口修、井筒仁康、エルワン・ニゴンのラインナップだ。

出口修は豊富なスーパーバイクでの経験をもとにチームをけん引してきた。井筒は最年長ながらも6年連続となる同チームを、表彰台へと導くために実力を発揮するはずだ。フランス出身のエルワン・ニゴンは同チームでの参戦も豊富で、8耐では出口、井筒とともに戦ってきたライダー。

最終戦は鈴鹿サーキットでの8耐となる世界耐久、タイトルを賭けた戦いに注目だ。

ライダー紹介

2017webiketrick002
今年もライダーはこれまでチームを牽引してきた出口修に、6 年連続となる井筒仁康、フランスからも 3 年連続となるエルワン・ニゴンと 8 耐では既にレギュラーライダーと
言っていい最強の布陣で挑みます。

今年は EWC フル参戦によって耐久レースに必要なノウハウが更に強化されます。ライダーの実力にチームのコンビネーション、そして鶴田監督の采配で今までにない、新生 TRICK STAR Racing として、鈴鹿8時間耐久レースでは最高のパフォーマンスを発揮いたします。

今年の夏も皆様の熱いご声援よろしくお願いいたします。

情報提供元 [ TRICK STAR Racing ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  2. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  3. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
  4. HondaV4スピリット溢れる「S-Style」が登場! ホンダインポートモデルのディーラ…
ページ上部へ戻る