【新車】ヤマハ、スポーツコミューター「TMAX530」2017年モデルを発売 走行性能がさらに進化

170307_74

コンセプトは「Master of Scooter」

ヤマハ発動機は、水冷・直列2気筒530cm3エンジンを搭載するオートマチックスポーツコミューター「TMAX530」をモデルチェンジし、4月7日から発売する。

2017年モデルは、”Master of Scooter”をコンセプトに開発。ヤマハ発動機スクーター初の電子制御スロットルや新設計の軽量アルミフレーム、リンク式リアサスペンションなどの採用で走行性能を高めながら、軽快感とエレガントさを兼ね備えたデザインを採用し所有感を向上させた。

170307_77

スタンダード仕様の「SX」と、クルーズコントロールシステムや電動調整式スクリーンの採用など快適装備を充実させた「DX」を設定。いずれもABSが標準装備されている。

主な特徴

170307_75

(1)電子制御スロットル「YCC-T」※1およびTCS※2、走行モードを選べるD-MODEなど電子制御技術の採用
(2)新設計アルミフレームなどによる軽量化(「SX」では現行比7kg減)
(3)TMAXのDNAを受け継ぎながら、軽快でスポーティなエクステリアとエレガントなインテリアの二面性を備えた新デザイン

※1 YCC-T:ヤマハ・チップ・コントロールド・スロットル=アクセル操作を検知したECUが最適なスロットルバルブ開度を瞬時に演算、モーター駆動でスロットルバルブを作動させて吸入空気量を制御するシステム
※2 TCS:トラクション・コントロール・システム

TMAX530 SX

【マットシルバー(NEW COLOR)】

170307_62
170307_63
170307_64
170307_65

【ダークグレー(NEW COLOR)】

170307_58
170307_59
170307_60
170307_61

「TMAX530 SX」車両情報

■名称:「XP530A TMAX」
■カラー
・マットシルバー1(マットシルバー)
・ダークグレーメタリックS(ダークグレー)
■発売日:2017年4月7日
■メーカー希望小売価格:1,242,000円(本体価格1,150,000円/消費税92,000円)
■販売計画:1,000台(年間、国内)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

TMAX530 DX

【マットブルー(NEW COLOR)】

170307_70
170307_71
170307_72
170307_73

【ダークグレー(NEW COLOR)】

170307_66
170307_67
170307_68
170307_69

「TMAX530 DX」車両情報

■名称:「XP530DA TMAX」
■カラー
・マットダークパープリッシュブルーメタリック1(マットブルー)
・ダークグレーメタリックS(ダークグレー)
■発売日:2017年4月7日
■メーカー希望小売価格:1,350,000円(本体価格1,250,000円/消費税100,000円)
■販売計画:1,000台(年間、国内)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれない。

2017年モデル「TMAX530」の新たな特徴

170307_79

(1)YCC-TおよびTCS、走行モードを選べるD-MODEなど電子制御技術を採用
ヤマハ発動機スクーター初となる電子制御スロットル「YCC-T」を採用し、”滑らかなレスポンス”と”スポーティなパワー”を両立。さらに濡れた路面や未舗装路での滑らかな発進性を支えるTCSが採用された。

D-MODEは走行環境や好みにより走行モードが選択可能で、市街地での扱い易さを重視した「Tモード」、パワーやスポーティな走行フィーリングを重視した「Sモード」の2種類のモードを楽しめる。

170307_76

(2)新設計アルミフレームなどによる軽量化(「SX」では現行比7kg減)
新設計の軽量アルミダイキャストフレームを採用したほか、2次駆動用のVベルトは軽量で強度に優れた25mm幅ベルトとし、あわせて前後プーリーも新作。

バネ下重量低減を図る新作4.50インチ幅リアホイール(現行5.00)、軽量タイヤ、樹脂製リアフレームなどの相乗効果で大幅な軽量化が行われた。

170307_80
▲新フレーム

(3)駆動感を伝える新設計リアアームとリンク式モノクロスサスペンション
新設計のアルミ製リアアームを採用、現行比で40mmロング化し、駆動力変化に伴う対地角変位量を最適化。これに新設計のリンク式モノクロスサスペンションが組み合わせられた。

軽量ボディとの相乗効果で、自然な操舵感、優れた旋回性、素早い切り返しを楽しめる。なお「DX」にはリアサスペンションの初期荷重と伸側減衰力の調整機能が備えられている。

(4)大容量シート下トランク
シート下トランクは、新設計のフレームと樹脂製ボックスとのコンビネーションでスペース効率を向上。ジェット型ヘルメット2個収納が可能となる大容量収納スペースを確保した。

(5)軽快感と質感を向上させた新しいデザイン
スタイリングはTMAXのアイコンとなるブーメラン形状の折込など、そのDNAを受け継ぎながら、エクステリアでは、精悍で引き締まったフロント周りと40mm伸びたリアアームの存在感を強調することによって軽快感のあるスポーティなプロポーションを実現。

170307_78

またインテリアでは、塗装部品を増やして新規性を演出、レッグシールド左右のリッドには職人手作りの成形型によるテクスチャーラインを入れるなど高級セダンのようなイメージを醸し出すエレガントな印象を実現した。

カラーリングでは、金属感を強調しエレガントな佇まいを感じさせる”マットブルー”を「DX」に設定、随所にヤマハレーシングスピリットを感じさせるブルーを配色しスポーティ感を強調した”マットシルバー”を「SX」に採用。”ダークグレー”を両グレードに設定した。

170307_81
▲テクスチャーライン

(6)その他の新フィーチャー
2連アナログ&3.5インチモノクロームTFTメーターパネル、モーターサイクル感覚の走りにあわせた新ライディングポジション、メインスタンドのロック/解除等機能も可能なスマートキー、グリップヒーター&メインシートヒーター(DX)、クルーズコントロールシステム(DX)、電動調整式スクリーン(DX)など。

170307_82

170307_84
170307_85

従来からの特徴

■360度クランク直列2気筒エンジン
■往復ピストンバランサー
■軽量アルミ製鍛造ピストン
■セミドライサンプ
■41mm径倒立式フロントサスペンション
■フロントラジアルマウント式キャリパー(対向ピストン4ポット、フローティング)

「XP530A/XP530DA TMAX」主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BL-SJ15J/J417E
全長×全幅×全高 2,200 mm×765 mm×1,420※1
シート高 800mm
軸間距離 1,575mm
最低地上高 125mm
車両重量 215kg(SX), 218kg(DX)
燃料消費率*2 国土交通省届出値
60km/h定地燃費値*3
28.6km/L 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*4 20.6km/L(クラス3 サブクラス3-2) 1名乗車時
原動機種類 水冷・4ストローク・DOHC・4バルブ
気筒数配列 直列2気筒
総排気量 530cm3
内径×行程 68.0×73.0mm
圧縮比 10.9:1
最高出力 34kW(46PS)/6,750r/min
最大トルク 53 N・m(5.4 kgf・m) /5,250r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 ドライサンプ
エンジンオイル容量 3.50L
燃料タンク容量 15L(無鉛プレミアムガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,11.0Ah(10HR)/YTZ12S
1次減速比/2次減速比 1.000/6.034
クラッチ形式 湿式, 遠心, 多板
変速装置/変速方法 Vベルト式無断変速/オートマチック
変速比 2.041-0.758:無段変速
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター/トレール 26°00’/98mm
タイヤサイズ(前/後) 120/70R15M/C(56H)/160/60R15M/C(67H)(チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/スイングアーム
ヘッドライトバルブ種類/ヘッドランプ LED/LED×4

※1:調整式スクリーン最下位置時
※2:燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※3:定地燃費値は、車速一定で走行した実測の燃料消費率。
※4:WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。

「TMAX530」変更点フィーチャーマップ

170307_83

2017 YAMAHA TMAX530

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. オートバイパーツの企画・製造、販売を行うヨシムラは、レーシングイメージのグラフィックで人気の…
  2. OGKカブトは、システムヘルメット「KAZAMI」にミリタリーテイストのニューグラフィック「…
  3. アニメーションを制作しているシルバーリンクは、女子高生達がレーシングサイドカーで全国大会を目…
  4. ▲予想CG HONDA CB1000R HORNET 予想発表時期:17年秋 「グローバル…
ページ上部へ戻る