TEAM MUGEN、マン島TT参戦に向け、ニューマシン「神電六」で1回目の国内テストを実施

170307_13

神電六 国内テスト1回目 2月14日

■国内テスト1回目 2月14日(火)
■袖ヶ浦フォレストレースウェイ
■天候:晴れ 気温10℃

テストレポート

いよいよマン島TTレースに向けて神電プロジェクトは動き始めた。

昨年の筑波サーキットと異なり今年のシェイクダウンテストは袖ヶ浦フォレストレースウェイを選びスタートを切った。

新型マシンの神電六1台と昨年の優勝マシン神電伍1台を持ち込みパワートレインシステムの比較から開始した。

神電伍はマクギネス選手のマン島決勝セッティングをそのままに、久々の走行テストとなるテストライダーの宮城光さんに走行フィーリングを確認してもらった。

170307_09

昨年を思い出しながら神電伍の走行フィーリングを全身で感じ、確認した宮城ライダーは、初のサーキット走行となる神電六に乗り換え、ゆっくりとコースイン。神電独特のマシン音とともにコースへと消えていった。

ライダー・スタッフすべての関係者が2017年の神電プロジェクトのスタートを感じた瞬間である。

1Lapのチェック走行で予定通りピットインし、ライダーのコメントを基に新型マシンに異常が無いかスタッフ全員が慎重に車両細部の確認作業を進めた。そして、新型バッテリの性能を確かめるため、ペースを上げての走行に入る。

ラップ毎にタイムを短縮し、想定通りの出力性能を確認。結果は上々である。

170307_10

次に、新型インバータの制御プログラムの確認作業へとテストメニューを移行した。ピットイン毎にスタッフは走行データを事細かに確認し、新しいデータを車体にアップロードしていく。

170307_11

これを繰り返しながら多くの制御テストをこなし、順調にテストメニューを消化。日が落ちる前に第1回目のテストは無事終了した。

170307_12

【関連ニュース】
TEAM MUGEN、2017年マン島TTレース TTゼロチャレンジクラス参戦を発表

→全文を読む

情報提供元 [ 無限 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  2. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
  3. ▲【予想CG】YAMAHA 次期SR400 | 予想発表時期:2018年後半以降 8月末の生産…
  4. 黒のパーツが際立つ独特のデザイン SHOEIは、新作ヘルメット「RYD(アールワイディー)…
ページ上部へ戻る