Speed of Japan、山田誓己ならびに浦本修充とマネージメント契約を締結

170303_02

実績のあるマネージメントプロジェクト、Speed of Japanと契約締結

日本人レーサーのマネージメントを担当するスピードオブジャパンは、2輪レーサーである山田誓己ならびに浦本修充とマネージメント契約を締結したことを発表した。

スピードオブジャパンは2000年に発足して以来、2輪レーサーでは玉田誠、加賀山就臣、清成龍一、菊池寛幸、青木治親、宮崎敦などをマネージメント。4輪では元F1ドライバーの野田英樹や元インディカードライバーのロジャー安川などを担当してきた。

以下公式サイトより


山田誓己は2008年に全日本ロードレース選手権GP125クラスでデビュー。その後、4ストローク化とともに変更になったJ-GP3クラスに参戦。2014年にJ-GP3クラス年間チャンピオンを獲得。2015年にCEVスペイン選手権Moto3クラスにフル参戦。2016年はMoto2 CEVヨーロッパ選手権にフル参戦をしました。全日本ロードレース選手権で通算6勝を挙げています。

浦本修充は2009年に全日本ロードレース選手権GP125クラスでデビュー。その後、J-GP3、J-GP2を経て2015年に同選手権最高峰のJSB1000に出場。2016年はTeam KAGAYAMAよりJ-GP2クラスに復帰。同クラスで年間チャンピオンを獲得しました。全日本ロードレース選手権で通算6勝を挙げています。

山田誓己、浦本修充の2017年参戦体制については所属チームより近日発表がある予定です。

→全文を読む

情報提供元 [ Speed of Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る