BMW Motorrad、EURO4に対応した2017年モデル、既存6車種の新型を発表

P90234202_highRes_bmw-k-1600-gt-10-201

BMWは、BMW Motorradが販売する車両のうち、6車種の新型モデルの販売を全国のBMW Motorrad正規ディーラーで、2017年3月21日より順次開始すると発表した。

既存6車種をアップデート

BMWは、K 1600 GT, F 800 R, F 800 GT, S 1000 R, S 1000 XR, R 1200 GSを、欧州新排ガス規制ユーロ4に適合したエキゾーストシステムを搭載させ、アップデートをはかるとともに、それぞれに魅力を高める仕様変更を実施した。

K 1600 GT

Standard / Sport
メーカー希望小売価格:¥3,000,000(消費税込み) 
発売日:2017年3月21日
P90234271_highRes_bmw-k-1600-gt-10-201

よりダイナミックなサイドトリムパネルとラジエーターカウルを採用し、コックピットのメーターには新たに“GT”のロゴをあしらった。また、リバーススイッチを搭載し、車体をバックさせる際のライダーの不安を軽減。シフトアシストProを標準装備した。

F 800 R / F 800 GT

・F 800 R High Line
 メーカー希望小売価格:¥1,099,000
 発売日:2017年3月27日

・F 800 GT High Line
 メーカー希望小売価格:¥1,415,000
 発売日:2017年3月27日


ライドバイワイヤーを採用し、2つのライディングモードと共にライディングシーンに合わせた快適な操作性を実現。リアサイレンサーキャップの変更など、デザインの細部にこだわったリファインを行った。

S 1000 R / S 1000 XR

・S 1000 R Premium Line
 メーカー希望小売価格:¥1,750,000
 発売日:2017年3月27日

・S 1000 XR Premium Line / Premium Standard
 メーカー希望小売価格:¥2,110,000 
 発売日:2017年4月14日


S 1000 Rはエンジン出力が従来から5馬力アップになり、またHPチタンサイレンサーやシフトアシストPro、ABS Proの搭載によりさらに走りを追求するライダーに最適の1台となった。加えて、4つのライディングモード、DTC、ピットレーンリミッター、ローンチコントロールなどS 1000 RR直系のパフォーマンスとネイキッドスタイルの装備をパッケージングした。

S 1000 XRも同様に最高出力が165PSとなった。

R 1200 GS

Premium Line / Premium Standard
メーカー希望小売価格:¥2,347,000
発売日:2017年4月14日

P90235556_highRes_the-new-bmw-r-1200-g
今回の仕様変更に伴い、新デザインのアッパー、フロントホイールカバーを採用。ウィングレットと呼ばれるスモールスリップストリームディフレクターや、新設計のエアーインテークシュノーケル及びタンクサイドトリムなど細部にわたってアップデートされた。

また、R 1200 GSに新たに、“エクスクルーシブスタイル”と“ラリースタイル”を設定。エクスクルーシブスタイルでは、各部のカラーパターンを専用のものに、またタンク部には大型の“GS”ロゴをあしらった。ラリースタイルは、コンペティティブなイメージを訴求し、20mm延長された前後サスペンションにクロススポークホイール、コルドバブルーのメインフレームなどGSの新たな伝説を予感させるスタイルにまとめている。

情報提供元 [ BMW Motorrad Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  2. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  3. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
  4. ※イメージ画像 国土交通省・経済産業省は、国立研究開発法人産業技術総合研究所に委託して開発した…
ページ上部へ戻る