【新車】アプリリア、EURO4に対応した2017年モデル、「TUONO V4 1100 Factory」の受注を開始

06 Tuono Factory

ピアッジオグループジャパンは、アプリリアの2017年モデルとなる、「TUONO V4 1100 Factory」(参考予定小売価格 1,998,000円消費税込)の受注を3月1日より開始した。取り扱いは、全国のアプリリア正規販売店・RSV4取り扱い店で行われる。

なお、2017年モデルの最大の特徴として、排ガス基準EURO4対応になり、日本仕様もEU仕様と同出力設定が標準となっている。

TUONO V4 1100 Factory

13 Tuono Factory

新型Tuono 1100 V4シリーズには、Boschと共同開発された高度なマルチマップコーナリングABSシステムが装備。アプリリア専用の指標に従って微調整が加えられたコーナリングABSは、感度を3段階に調整することが可能となっている。

また、ワールドスーパーバイクで勝利に導いた技術から直接フィードバックされた特許制御システムや、スロットルボディの余剰な電子制御関連部品をすべて排除することで590gの軽量化を実現するなど、2017年モデルにふさわしいバージョンアップを果たしている。

カラーTFT デジタルメーター

2017_tuono_tft

多彩な表示オプションを持つ完全なニュータイプ。選択できる2種類のスクリーンページ(ロードとレース、双方とも夜間およびバックライト付き昼間表示)は、多彩な表示項目に対応している。

スマートフォンを車両に接続することができるアプリリア・マルチメディア・プラットフォーム、V4-MPの新バージョンがオプションで用意されており、レースで行うのと同様に、分析のためにデータをラップトップPCにダウンロード(またはスマートフォンに直接表示)し、コーナー電子セッティング較正システムによって正確なコーナリングを提案することが可能となっている。

2017_arpc

TUONO V4 1100 Factory

■参考予定小売価格 1,998,000 円(消費税税込み)

08 Tuono Factory
10 Tuono Factory

主要諸元

001101100

【関連ニュース】
◆【新車】アプリリア、EURO4に対応した2017年モデル、スーパースポーツ「RSV4 RF」の受注を開始

情報提供元 [ Piaggio Group Japan ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. GROMグロムにヨシムラのマフラーで『I’ve Got The Power!』 201…
  2. バイク用ライディングブーツは何が違うの?快適なライディングを生み出す機能に迫ります! …
  3. 2018年6月6日、ボッシュ・グループ年次記者会見がボッシュ株式会社の渋谷本社で行われた。同…
ページ上部へ戻る