【新車】アプリリア、EURO4に対応した2017年モデル、スーパースポーツ「RSV4 RF」の受注を開始

01 RSV4 RF

ピアッジオグループジャパンは、アプリリアの2017年モデルとなる、究極のスーパースポーツ『RSV4RF』(参考予定小売価格2,750,000円消費税込)の受注を3月1日より開始した。
取り扱いは、全国のアプリリア正規販売店のRSV4取り扱い店で行われる。

なお、2017年モデルの最大の特徴として、排ガス基準EURO4対応になり、日本仕様もEU仕様と同出力設定が標準となっている。

2017 RSV4 RF

22 RSV4 RF

新しいオーリンズ製サスペンションシステム、ブレーキシステム、コーナリングABSとダウンシフターを装備した新しいAPRC電子制御パッケージを搭載。201HPユーロ対応エンジンは7度スーパーバイク世界チャンピオンに輝いたシャシーアーキテクチャと組み合わせられてる。

また、新しくなったRSV4のパワートレーンは、既存モデル(185HP)より最高出力が16馬力向上(本国仕様)し、2.5Kgもの軽量化に成功。

motore-2017

シリンダーヘッドは新設計で、バルブスプリングやプロファイルが変更されたカムシャフト、軽量化されたクランクシャフトと振動とフリクションロスを軽減したアルミ製シリンダーライナー一体のクランクケース、さらにはECUの演算速度が約20%向上したほか、エンジンマップの見直しや、エンジンブレーキ特性の変更など数多くの改良箇所が、パフォーマンスの向上に寄与している。

2017 RSV4 RF

■参考予定小売価格 2,750,000円(消費税税込み)
03 RSV4 RF
05 RSV4 RF

主要諸元

0006

【関連ニュース】
◆【新車】アプリリア、EURO4に対応した2017年モデル、「TUONO V4 1100 Factory」の受注を開始

情報提供元 [ Piaggio Group Japan ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲FXDRTM 114 参加無料の公道乗り比べ試乗会! ハーレーダビッドソン ジャパンは、1…
  2. ユーザーから注目を浴びたヤマハ車はこれだ! 前回のホンダのモトレポート10選に続き、今…
  3. アルパインスターズからのクリスマスプレゼント! 岡田商事は、人気ブランドAlpinesta…
  4. 鈴鹿サーキットは、2019年1月1日(火・祝)~12月31日(火)までの1年間、キャラクター…
ページ上部へ戻る