NEXCO、東九州自動車道「門川南スマートインターチェンジ」を3/25に開通

20170228_nexcokado_01

NEXCOは、宮崎県、門川町及びNEXCO西日本九州支社が建設を進めてきた、東九州自動車道「門川南(かどがわみなみ)スマートインターチェンジ(IC)」を3月25日(土)15時に開通することを発表した。
門川南スマートICは、東九州自動車道の門川IC~日向IC間に設置される。

延岡南IC~日向IC間は17.6kmだったが、門川南スマートICの開通により、門川南スマートIC~日向IC間が12.6kmと高速道路へのアクセスが強化され、また南部からの新しい玄関口となり地域産業や観光の活性化が期待される。

門川南スマートIC 概要

20170228_nexcokado_02

■設置場所:宮崎県東臼杵郡(ひがしうすきぐん)門川町(かどがわちょう)大字加草(かくさ)(東九州自動車道 門川IC~日向IC間)
※スマートICへのアクセス道路:町道 門川南インター線
※延岡南IC~日向IC間は17.6kmとなっていましたが、門川南スマートICの開通により、門川南スマートIC~日向IC間が12.6kmと、宮崎方面への高速が使いやすくなります。

■事業主体:門川町・宮崎県及びNEXCO西日本

■総事業費:約21億円

■利用時間:24時間利用可能

■出入方向:宮崎方面利用可能
※大分、熊本方面へのご利用はできませんので、ご注意ください。

■対象車種:ETC搭載の全車種

期待される整備効果

■住民生活の利便性の向上
高速道路へのアクセスが向上し、宮崎市や日向市など県央・県南地域への所要時間が短縮されます。(スマートIC周辺住民約21,000人の南向きICへの所要時間が混雑時約8分短縮)

■新しい地域産業の振興支援
新しい産業拠点(医療関連企業等)から宮崎県南・県央地域へのアクセスが向上し、産業拠点の利便性が高まることで、地域産業の活性化や県北地域との産業連携の円滑化が図られ有利な企業誘致の展開が期待されます。

■観光支援
宮崎県央・県南地域からの遠見半島や門川町の観光施設へのアクセスが向上するだけでなく、門川南スマートIC→遠見半島→延岡市内→延岡IC等、県北沿岸地域観光地の回遊性向上が期待されます。

■水産業・農業の活性化支援
水産物や農産物等の販売エリア拡大、高い付加価値の農産物の増産や新規就農促進に寄与し、水産業や農業の活性化を支援します。(高速道路利用により、搬送時間の短縮、振動による荷痛みの軽減)

■救急医療の支援及び緊急時輸送道路の確保
心臓疾患系の専門病院等への搬送時間が短縮され、患者への肉体的負担などの軽減が期待されます。また、災害等により国道10号が通行止めとなった場合にも、日向市方面への迅速な救急搬送や緊急時輸送道路としての迅速な物資輸送なども可能になります。

→全文を読む

情報提供元 [ NEXCO 西日本 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ホンダは、往年の名車であるVFR750R(RC30)の発売から30周年を記念し、RC30カラ…
  2. ■大会名称:MotoGP第1戦カタールGP ■開催日:2017年3月26日(日)決勝結…
  3. 【賀曽利隆:冒険家・ツーリングジャーナリスト】 前回:賀曽利隆の「温泉めぐりの半島一周」房総半…
  4. 人気のライディングフットウェアに限定カラーが登場! イタリアのSPIDI社のDNAを受け継…
ページ上部へ戻る