ヤマハ、デザイン拠点「イノベーションセンター」を落成 新たな次元の発想やかたち、モノ創りの革新へと繋ぐ

06_20170222_InnovationCenter

「ヤマハモーター イノベーションセンター」の落成式を実施

ヤマハ発動機は、グループにおけるデザイン司令塔として、製品デザインの開発と新たなイノベーションを生み出す先行デザイン研究拠点「ヤマハモーター イノベーションセンターの落成式を、2017年2月22日に、執り行った。

10_20170222_InnovationCenter

最新のデザイン環境を備えたオープンイノベーション

施設は2016年12月に竣工、5階建て、延床面積8,634平方メートルの建屋で、オープンイノベーションを推進する開放的な空間レイアウトを採用、開発面では、原寸モデルを用いたリアルなデザインとデジタルを活用したバーチャルなデザインを可能にするインフラとソフトを整備。

01_20170222_InnovationCenter

具体的には、さまざまなデザイン創作に対応する広いクレイ(粘土による造形デザイン)ルームやターンテーブル2基を配した屋内プレゼンテーションルーム、自然光の下でデザイン評価を行うことができる屋外プレゼンテーションスペース、バーチャルデザインを可能にするデジタル設備など、最新のデザイン環境を備えている。

施設の開設は、1955年の会社創立以来、デザインを大切にしたモノ創りを続けてきた当社の意思を象徴するものとしており、今後は、デザイナーと技術者が共にクリエイティブな発想をかきたてることのできる刺激にあふれた空間として、新たな次元の発想やかたち、モノ創りの革新へ繋げていくとしている。

[ヤマハ発動機 関連情報]
2012年にデザイン機能強化を図る組織として「デザイン本部」を新設し、デザインによる企業価値向上を目指した活動を展開。

全世界における製品のデザインマネジメントとともに、先行デザイン開発の一環であるデザインコンセプトモデル「GEN(ジェン)」シリーズの発表、ヤマハ株式会社との合同デザインプロジェクトなど、さまざまなデザイン活動に取り組んでいる。

[ヤマハ発動機 デザインサイト]
https://global.yamaha-motor.com/jp/yamahastyle/design/

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. ▲ストリートトリプルRS クリスタルホワイト トライアンフは、2019年モデルの「ストリートト…
  2. 蘇る伝説!キング・ケニーも愛した黄金のホイール! モーリスマグが限定復刻! 1970…
  3. 400ccクラスでツーリングをしたい方にオススメのバイク ライダーの皆さんがバイク選びをす…
  4. ▲300 EXC TPI 日本初導入の4車種を含む豊富なバリエーション KTM Japanは…
ページ上部へ戻る