【新車】ヤマハ、低燃費55.7kmを実現!軽くて扱いやすい新型125ccスクーター「アクシス Z」を発売

axis-z_gallery_001_2017_002

ヤマハ発動機株は、“走りの楽しさ”と“燃費・環境性能”を両立させる“BLUE CORE”エンジンを搭載した125ccスクーターの新製品「アクシスZ」を4月25日より発売する。

メーカー希望小売価格は243,000円(本体価格 225,000円/消費税18,000円)。

原付2種の次世代モデル

axis-z_index_key_2017_pc

「アクシスZ LTS125」は、実用的で維持費削減を望む声に応えた原付2種の次世代モデルとして開発。“BLUE CORE”エンジンと軽量新フレームなどにより、燃費、扱いやすさ、収納力などを大幅に向上させている。

また、モダン&アクティブをテーマに、なめらかな曲線とシャープな直線が織りなす印象的なボディをデザイン。全4色のラインナップから、自分のスタイルに合わせたチョイスが可能となっている。なお、本製品の製造はヤマハモーター台湾で行われる。

主な特徴

 
1)ヤマハ125ccスクーターでトップの燃費性能(WMTCモード ※1燃費55.7km/L)
axis-z_feature_003_2017_001
 
2)扱いやすい軽量ボディ(100kg)
axis-z_feature_007_2017_001
 3)大容量シート下収納(ジェット型ヘルメット2個収納可能 ※2)

axis-z_feature_009_2017_001

 
4)シャープなラインを取り入れたアクティブでモダンなスタイル
axis-z_feature_001_2017_001

※1 WMTCモード:発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果からの計算値。
※2 ヘルメットの形状・大きさにより収納できない場合があります。

■名称
アクシスZ LTS125

■発売日

2017年4月25日

■メーカー希望小売価格
243,000円(本体価格 225,000円/消費税18,000円)

■カラー
・グレーイッシュブルーメタリック8(ブルー)
・ホワイトメタリック1(ホワイト)
・ダークグレーメタリックM(ダークグレー)
・ダルレッドメタリックD(レッド)

■販売計画
4,000台(年間、国内)

アクシスZ LTS125

▼グレーイッシュブルーメタリック8(ブルー)
03_2017_LTS125_NBM8_3
▼ホワイトメタリック1(ホワイト)
07_2017_LTS125_WM1_3 (1)
▼ダークグレーメタリックM(ダークグレー)
11_2017_LTS125_DNMM_3
▼ダルレッドメタリックD(レッド)
15_2017_LTS125_DRMD_3

主要仕様諸元

認定型式/原動機打刻型式 2BJ-SED7J/E31BE
全長×全幅×全高 1,790mm×730mm×1,145mm
シート高 770mm
軸間距離 1,275mm
最低地上高 135mm
車両重量 100kg
燃料消費率*1 国土交通省届出値60km/h定地燃費値*2 58.0km/L 2名乗車時
WMTCモード値(クラス)*3 55.7km/L(クラス1) 1名乗車時
原動機種類 空冷・4ストローク・SOHC・2バルブ
気筒数配列 単気筒
総排気量 124 cm3
内径×行程 52.4mm×57.9mm
圧縮比 11.0:1
最高出力 6.0kW(8.2PS)/6,500 r/min
最大トルク 9.7N・m(0.99kgf・m)/5,000r/min
始動方式 セルフ式
潤滑方式 強制圧送ウェットサンプ
エンジンオイル容量 0.8L
燃料タンク容量 5.5L(無鉛レギュラーガソリン指定)
燃料供給方式 フューエルインジェクション
点火方式 TCI(トランジスタ式)
バッテリー容量/型式 12V,4AH (10H)/YTX5L
1次減速比/2次減速比 1.000/7.500 (50/16×36/15)
クラッチ形式 乾式,遠心,シュー
変速装置/変速方法 Vベルト式無断変速/オートマチック
変速比 2.219-0.749:無段変速
フレーム形式 アンダーボーン
キャスター/トレール 26°30’/80mm
タイヤサイズ(前/後) 100/90-10 56J/100/90-10 56J(チューブレス)
制動装置形式(前/後) 油圧式シングルディスクブレーキ/機械式リーディングトレーリングドラムブレーキ
懸架方式(前/後) テレスコピック/ユニットスイング
ヘッドライトバルブ種類/ヘッドランプ ハロゲンバルブ/12V,35/35W×1

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 近隣の臨海副都心エリアやその他のエリアでの拡充開催も検討 一般社団法人 日本自動車工業会…
  2. YZ450FでIA1に出場 2018年10月28日(日)、宮城県のスポーツランドSUGOに…
  3. 初代C100 に込められた想いや広く愛される基本性能を継承しつつより豊かで新しい乗り物を生み…
  4. KTM Japanは、2018年10月から12月末までの間、クリスマス・キャンペーンを実施す…
ページ上部へ戻る