[MotoGP] 2017シーズン開幕!今年2回目のオフィシャルテスト、ヤマハのビニャーレスが連続で総合トップ

ZSYAL0Z55W9TNBZ5TNXO

MotoGPの今年2回目となるオフィシャルテストが2月15日~17日、オーストラリアのフィリップアイランド・サーキットでおこなわれた。各チームは3日間にわたるテストを無事終了し、多くの有意義なデータを得た。

MotoGP開幕前の最後のオフィシャルテストは、3月10日からカタールでおこなわれる。

Movistar Yamaha MotoGP、マーベリック・ビニャーレスが連続で総合トップ、バレンティーノ・ロッシは総合12番手

CUI3PGJAHD0V71JD3NOW
バレンティーノ・ロッシが初日2番手、マーベリック・ビニャーレスも4番手と好発進し、フォルガーは、ルーキートップの10番手で初日を終了。

2日目でマーベリック・ビニャーレスがトップへ、バレンティーノ・ロッシは8番手となり、Tech3のフォルガーとザルコが一気にペースアップ!フォルガーは初日のタイムを0.914秒更新し、3番手に0.339秒差まで迫る7番手を獲得。一方のザルコも休むことなく周回を重ね、初日から1秒近くタイムを短縮してバレンティーノ・ロッシに約コンマ2秒の11番手とし、2日目を終えた。

3日間の総合結果ではマーベリック・ビニャーレスがトップ、バレンティーノ・ロッシが12番手となった。

Repsol Honda 順調にメニューを消化。開幕戦に向けた準備を進める

58a6a1c11d2b95.15176538
昨年は天候に恵まれず、続くカタールでの公式テスト、そして開幕戦カタールGPに多くの課題を残しておたが、今年は、天候に恵まれたこともあり、順調にテストメニューを消化。

マルク・マルケスはベストタイムでは総合2番手となるも、内容はライバルをしのぐもので、2年連続4度目のタイトル獲得に向けて、すばらしいテストとなった。

チームメートのダニ・ペドロサは、総合3番手でテストを終了。カル・クラッチローは、5番手でテストを終了し今年はチャンピオン争いが期待されている。

チームスズキエクスター リンスが総合6番タイムをマーク

gsxr1000-pi-launch18
アレックス・リンスは、3日間で大幅なタイム短縮に成功して総合6番タイムをマーク。ライディングスタイルの改善にも取り組み、明らかな進歩を見せた。

一方、チームメイトのアンドレア・イアンノーネは、チームのためのデータ収集とフィードバックを優先するテスト日程を消化。そのため本格的なタイムアタックには至らず総合13番タイムとなったが、チームは次回のテストにつなげる多くの有意義なデータ取得に成功した。

Ducati、ドビツィオーゾが7位、ロレンソは8位

1-OK_0174_T04_Lorenzo_action
アンドレア・ドビツィオーソは、73周をあげてベストタイムを1分29秒288とし、ホルヘ・ロレンソは、75周で最速タイムを1’29.342で終えた。

フィリップアイランド オフィシャルテスト結果(3日間総合)

1 M・ビニャーレス(ヤマハ) 1:28.549
2 M・マルケス(ホンダ) 1:28.843
3 D・ペドロサ(ホンダ) 1:29.033
4 J・フォルガー(ヤマハ) 1:29.042
5 C・クラッチロー(ホンダ) 1:29.101
6 アレックス・リンス(スズキ) 1:29.103
7 A・ドビツィオーゾ(ドゥカティ) 1:29.248
8 J・ロレンソ(ドゥカティ) 1:29.342
9 J・ミラー(ホンダ) 1:29.358
10 A・エスパルガロ(アプリリア) 1:29.361
13 アンドレア・イアンノーネ(スズキ) 1:29.547

関連記事

編集部おすすめ

  1. トリックスターは「Webike Tati Team TRICK STAR」で『2018-19…
  2. ※記事内画像は日本仕様と異なる場合があります。 V7 III Stoneをベースとした…
  3. ホンダの軽バン「N-VAN(エヌバン)」が、第28回(2019年次)RJCカーオブザイヤー特…
  4. ※イメージ画像 国土交通省・経済産業省は、国立研究開発法人産業技術総合研究所に委託して開発した…
ページ上部へ戻る