ヤマハ、「VMAX」2017年8月で生産終了へ 1985年から引き継がれた「怒濤の加速感」

20170221_vmax

ヤマハ発動機は「VMAX」の生産を2017年8月をもって終了することを発表した。

2017年の生産予定台数は120台となっており、受注生産のためVMAX取扱店で予約を受け付けている。
なお、状況によって生産台数の減と、早期完売の予定がある旨もあわせて告知されている。

【V-MAX 1680:現行車種の詳細スペックはこちらから】
V-MAX 1680のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

当時最強のエンジンを搭載し「Vブーストシステム」の加速に酔いしれた

20170221_vmax01

初代VMAXは1985年に輸出車両として販売が開始。
アメリカンモデルといえば「空冷」、「Vツイン」、「OHCやOHV」といった概念を覆し、VMAXは「1198ccの水冷DOHC型4気筒」を搭載するマッシブなアメリカンモデルとして登場した。
その独特なドラッグスタイルはアメリカンともネイキッドとも取れるデザインで、海外においても評価の高いデザイン。

また、Vブーストシステムと呼ばれる「1気筒当たり2キャブ」のツインキャブとなる機構を採用しており、エンジンの回転数に応じて大量の混合気をエンジンに送り込み、パワーを引き出している。
この機構は当時として驚異的な「145馬力」を9,000回転で発生させ、ユーザーは怒濤の加速力に酔いしれた。

量産当時最強の馬力をアメリカンモデルに近いフォルムのVMAXが叩き出したことは驚きをもって迎えられ、国内には逆輸入という形で導入された。
その後国内モデルも発売されることとなったが、Vブーストシステムは装着されておらず、海外フルパワーモデルは貴重なモデルとして市場でも引き続きの人気を誇った。

そんなVMAXも世界的な排出ガス規制の流れを受けて、2007年には生産を終了している。

プレミアムモデルとしてよみがえったVMAX

20170221_vmax04

2代目となるVMAXは2009年に発売を開始。1679ccに排気量を拡大し、輸出仕様で200馬力を叩き出すエンジンをオールアルミフレームに搭載。先代モデルの持つ「怒濤の加速感」を継承するスペックとなっている。

スーパースポーツで培った技術力が注ぎ込まれ、旧モデルのフレームの弱さも払拭。新世代を飾るVMAXとしてふさわしいモデルに仕上がっている。

20170221_vmax0320170221_vmax02

新車での価格は200万を超える価格となり、当時のスーパースポーツをも凌駕。プレミアムなモデルとしてVMAXの取扱店も限られた店舗での扱いとなった。

2016年まで、海外をメインに国内でも販売されてきたが、2017年を最後にラインナップから姿を消すこととなる。
そのコンセプトの持つ独特な存在感と、ヤマハとGKデザインによって生み出されたデザインは色あせることは無いだろう。

【関連ニュース】
◆ヤマハの“至宝であり財産”と謳われた「VMAX」が惜しまれつつも生産終了
【V-MAX 1680:現行車種の詳細スペックはこちらから】
V-MAX 1680のスペックや相場、ユーザーのカスタムなど詳細情報を見る

情報提供元 [ YAMAHA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る