【新製品】アライ、アストラルXの被り心地を引き継いだ「VECTOR-X(ベクターX)」を発売

20170215_araivector_01

アライは、ツーリングヘルメット最高峰のアストラルXの被り心地を引き継ぎ、エントリーライダーからベテランライダーまで満足させるニューモデル「VECTOR-X(ベクターX)」を発売した。

カラーはグラスホワイト、グラスブラック、フラットブラック、リッチグレー、ライブレッドの5色で、メーカー希望小売価格は44,280円(税込)。

【Webikeショッピング】
アライ:VECTOR-X ヘルメット 商品ページ

VECTOR-X(ベクターX)

メーカー希望小売価格:44,280円(税込)
20170215_araivector_02▲グラスホワイト

20170215_araivector_03_gb▲グラスブラック20170215_araivector_04_fb▲フラットブラック20170215_araivector_05▲リッチグレー20170215_araivector_06▲ライブレッド

ディフューザーType12を受け継ぐデュアルフォロー・システム搭載の
新型ベンチレーション

20170215_araivector_07

フロントベンチレーションはアライヘルメット初の前後2穴となる「デュアルフロー・ダクト」。
前側のダクト穴から外気を取り入れ、後ろ側のダクト穴から負圧を利用しヘルメット内の熱気を排出する仕組み。

それだけではなく、ダクトを閉めた状態でもダクト後方スリットから熱気を排出する仕組みで、ヘルメット内を快適な状態に保つ。
また、「デュアルフロー・ダクト」はダクトという名称ながらRX-7Xの頭頂部に装備されている「ディフューザー」の小型版といえるものである。
リアベンチレーションは実績のある3穴方式を採用した「デュアルフロー・スポイラー」。左右のダクト穴は負圧を利用し熱気を排出し、中央のダクト穴は外気を取り入れる。

ライディングポジションに対応する新設計ベンチレーション
アップハンドルなどの状態を起こしたライディングポジションには前側の「デュアルフロー・ダクト」から外気を多く取り入れ、前傾姿勢の強いポジションでは中央のダクト穴から多くの外気を取り入れることができる。

製品概要

規格:SNELL/JIS
帽体:PB-cLc (ペリフェラリー・ベルテッド・コンプレックス・ラミネート・コンストラクション)
内装:ハイフィッティング・アジャスタブル・FCS内装 (抗菌・消臭内装/オプションにて調節可能-特許)
シールド:VAS-V MVシールド標準装備

20170215_araivector_08
20170215_araivector_09

【Webikeショッピング】
アライ:VECTOR-X ヘルメット 商品ページ

情報提供元 [ アライヘルメット ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. メインパイプとBoxの絶妙なバランス SP忠男は、CBR250RR(17)用となるPOWE…
  2. より軽い力で、奥まった場所の作業ができる 高品質な工具を提供するKTC(京都機械工具)は、…
  3. MARVELコミックオフィシャル、限定グラフィックモデル HJCヘルメット代理店のRSタイ…
  4. 欲しいバイクがきっと見つかる!「ウェビックバイク選び」のスタッフが試乗して「普通のライダー目線」のレ…
ページ上部へ戻る