ヤマハ、モーターサイクル「XSR900」が世界的デザイン賞「iFデザインアワード」を4年連続受賞

20170214_yamaha_designaward_01

ヤマハ発動機のモーターサイクル「XSR900」と、ヤマハと共同でデザインした音を奏でる電動アシスト車いす「&Y(アンディ)01」が、国際的に権威のあるデザイン賞「iFデザインアワード2017」を受賞した。

いずれもプロダクト部門における受賞で、4年連続の受賞。なお、「&Y01」はヤマハ発動機とヤマハとの合同受賞となる。

“ネオ・レトロ”スタイルを継承しながら、まったく新たな魅力を生み出す革新の一台

20170214_yamaha_designaward_02

「XSR900」は、趣味の対象としてモーターサイクルを楽しむ文化が定着している先進国で、「伝統的」なスタイルを好む層に向けたモーターサイクルです。シンプル・レトロな外観と最先端技術による走行性能という新たなコンビネーションによって、所有する悦びと乗る楽しさを提供します。

また、このたびの受賞で「グッドデザイン・ベスト100」「オートカラーアウォード2016 特別賞」「JIDAデザインミュージアムVol.18」に続き、4つ目のデザイン賞受賞となりました。

音を奏でる電動アシスト車いす

20170214_yamaha_designaward_03

「&Y01」は、波間を思いのままに駆け抜ける白いヨットをイメージして、ヤマハ発動機とヤマハが共同で開発したデザインコンセプトモデルで、様々なイベントやパフォーマンスで使用されています。
軽く滑らかに移動するヤマハ発動機の電動アシスト車いす「JWスウィング」に、ヨットの帆や音符のはたをイメージした薄く、軽く、柔軟なヤマハのスピーカー「TLFスピーカー」や車体両側の薄型パーカッションが一つになり、楽器に乗るという新体験を生み出します。
搭乗者は自然とパフォーマーとなり、音や音楽を鳴らしながら移動することで周囲との一体感が生まれます。

iFデザインアワード

ドイツ・ハノーファーを拠点とするデザイン振興のための国際的な組織「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー(iF)」が1953年から主催しているデザイン賞で、毎年、全世界の工業製品等を対象に優れたデザインが選定されています。

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ページ上部へ戻る