【新車】ホンダ、「CRF250 RALLY」を発売 待望の250ccアドベンチャーモデル

20170213_crfr02

ホンダは、水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載し、大型スクリーンや大容量フューエルタンクなどを装備したアドベンチャーモデル「CRF250 RALLY」を、2月20日(月)に発売する。
価格はメーカー希望小売価格で、スタンダードモデルとType LD(65mmローダウンモデル)共に648,000円(税込)、ABS装備モデルがスタン―ドとType LD共に702,000円(税込)。

【関連ニュース】
◆「CRF250 RALLY(ラリー)」を国内初試乗!覇気のあるエンジンとしなやか足が好印象です!

2015年の初公開から約2年、ついに販売が開始!

20170213_crfr01

「CRF250 RALLY」は、2015年3月に開催された「第31回 大阪モーターサイクルショー/第42回 東京モーターサイクルショー」にコンセプトモデルとして世界初公開。
比較的気軽な、「250ccクラスのアドベンチャーモデル」ということで大きな反響があり、その後のショーにて市販予定車としてお披露目され、このたび量産モデルとして発売されることになった。

優れたウインドプロテクションとオフロード性能を高めた足回り

20170213_crfr03

「ザ・ダカールレプリカ 週末の冒険者へ」を開発コンセプトに、ダカールラリー参戦マシン「CRF450 RALLY」のフォルムだけではなく、その開発思想を受け継ぎ開発。
CRF450 RALLYを彷彿させる、大型でウインドプロテクション性能に優れ、快適な高速巡航を可能とするスクリーンをはじめ、ラリーマシンと同様のフレームマウントで、個性的なフロントビューの左右非対称の二眼LEDヘッドライトを採用。カラーリングもCRF450 RALLYレプリカと言えるエクストリームレッドを採用。

20170213_crfr05

足回りはロングストロークの前・後サスペンションを採用し不整地走行にも対応している。「週末の冒険者」らしく快適なオンロードでの移動と山間のオフロードを走るなど、日本のライダーの用途にマッチするモデルだろう。

エンジンは、低回転域での力強いトルクと高回転域での伸びのある出力を両立する、扱いやすい特性の水冷・4ストローク・DOHC・単気筒250ccエンジンを搭載。
2018年の新排ガス規制への対応も求められた中であるが、スロットルボディーの口径を2mmアップし、エアクリーナー内部構造を変更。エキゾーストパイプを大径化するなどして高回転域のパワー特性を向上させている。

オフロードにも対応したABSをタイプ設定

ブレーキシステムには、不意なブレーキ操作時や急な路面変化によるタイヤロックを抑制するABSをタイプ設定し、リアのABSをカットできるスイッチも装備。フロントのABSはオフロードでも効果的に働くもので、より安心したライディングが可能なはずだ。

また、前・後サスペンションを変更し、シート高を65mm低くすることで足つき性を高めたType LDを設定している。足つきの厳しいオフロードバイクにとって、ユーザーのすそ野を広げる嬉しいタイプ設定だ。

20170213_crfr08
▲エンジンは改良により、パワー特性を向上
20170213_crfr06
▲Type LDは65mmもシート高が下げられ足つき性を確保

しなやかなスチール製ツインチューブに足回り、ワイドなフットペグも装備

20170213_crfr09

フレームはオーバルタイプのスチール製ツインチューブで縦剛性を確保することによって、しっかりとした安定感としなやかな乗り心地を両立。ライディングポジションに自由度をもたらすスリムなボディー形状の実現にも寄与。
アルミフレームのモトクロッサーでは固い乗り味となってしまうが、スチールフレームはしなやかであるため、ツアラーモデルには向いているとされる。

20170213_crfr11

フロントサスペンションは左右独立して機能するインナーチューブ径φ43mmのセパレーションタイプ倒立フォークを装備。左右独立式の構造は近年のモトクロッサーにも採用される機構だ。
リアにはロングストローク化された専用セッティングのプロリンク式サスペンションを採用。(Type LDを除く)

スイングアールにはアルミ製を採用し、軽量化を追求しながらも剛性を確保し、路面追従性とともに安定感のある乗り心地を実現。

20170213_crfr10

オフロードにも対応した車体に合わせて、ステップにはワイドフットペグが装備され、チェンジペダルは万が一の転倒に備え、可倒式のペダルを採用している。

クルージングの快適性を狙った各種装備

20170213_crfr12

CRF450 RALLYと同形状のフローティングウィンドスクリーンと、フレームマウントされた左右非対称の二眼の高輝度LEDヘッドライトは独特なフロントフェイスを演出。

エアマネージメントを考慮し設計されたナックルガード、シュラウド、ミドルカウル、アンダーカウルは、ラリーマシンの開発ノウハウを受け継ぎ配置されたスリットにより、車体外装に沿って流れる空気を整流することで、軽快なハンドリングを実現。ライダーが受ける空気抵抗を低減させることで、ライダーの疲労を軽減し、快適な高速巡航性能を実現している。

10Lの容量となるフューエルタンクは優れた燃費性能で300km以上の航続距離を確保。スリムなタンクでなライディングポジションの自由度も確保され、オフロードでも走破性を高めている。
給油時の使いやすさに配慮したエアプレーンタイプのヒンジ式タンクキャップで、取り外しのわずらわしさも解消されている。

20170213_crfr04
▲シュラウドのスリットがエアアウトレットとなり、切り返しなどの軽さに寄与
20170213_crfr15
▲10Lの容量のタンクと、ヒンジ式のタンクキャップ

価格・スペック

■販売計画台数(国内・年間) 2,100台

■メーカー希望小売価格
・CRF250 RALLY、CRF250 RALLY Type LD
 648,000円(消費税抜き本体価格 600,000円)

・CRF250 RALLY (ABS)、CRF250 RALLY Type LD (ABS)
 702,000円(消費税抜き本体価格 650,000円)

※価格(リサイクル費用を含む)には保険料・税金(消費税を除く)・登録などに伴う諸費用は含まれておりません

「CRF250 RALLY」主要仕様諸元

〔 〕内はType LD

車名・型式 ホンダ・2BK-MD44
全長×全幅×全高 (mm) 2,210〔2,175〕×900×1,425〔1,360〕
軸距 (mm) 1,455〔1,430〕
最低地上高 (mm) 270〔205〕
シート高 (mm) 895〔830〕
車両重量(kg) 155〔154〕・ABS仕様:157〔156〕
燃料消費率*2 国土交通省届出値定地燃費値 44.3(60km/h定地走行テスト値)<2名乗車時>
WMTCモード値*3 33.1(クラス2-2)※3<1名乗車時>
最小回転半径 (m) 2.3
エンジン型式・種類 MD38E・水冷 4ストローク DOHC 4バルブ 単気筒
総排気量 (cm3) 249
内径×行程 (mm) 76.0×55.0
圧縮比 10.7
最高出力 (kW[PS]/rpm) 18[24]/8,500
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) 23[2.3]/6,750
燃料供給装置形式 電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>
始動方式 セルフ式
点火装置形式 フルトランジスタ式バッテリー点火
潤滑方式 圧送飛沫併用式
燃料タンク容量 (L) 10
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング式
変速機形式 常時噛合式6段リターン
変速比 1速3.333/2速2.117/3速1.571/4速1.304/5速1.103/6速0.967
減速比(1次/2次) 2.807/2.857
キャスター角(度)/トレール量(mm) 28°05´〔27°35´〕/114〔113〕
タイヤ 前3.00-21 51P 後120/80-18M/C 62P
ブレーキ形式 油圧式ディスク(前後)
懸架方式 前 テレスコピック式/後 スイングアーム式(プロリンク)
フレーム形式 セミダブルクレードル

※2 燃料消費率は定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞など)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なります
※3 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果に基づいた計算値です。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類されます

【CRF250 RALLY:現行車種の詳細スペックはこちらから】
CRF250 RALLYのスペック情報を見る

ギャラリー

情報提供元 [ HONDA ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る