【新車】ハーレーダビッドソン、ツーリングファミリーのニューモデル「Road king Special」を発売

17-hd-road-king-special-7-large
ハーレーダビッドソンは、ツーリングファミリーの2017年期中導入モデルの1台として新しく大胆なスタンスとよりダークな切れ味が特徴的なニューモデル「Road king Special」を、2017年2月9日(木)より全国の正規ディーラーにて店頭予約販売を開始する。

進化した「Road king Special」が新たな歴史を刻む

多くのライダーたちにとって、Road kingと言えば、ハーレーダビッドソン伝統のクラシックツアラーを意味するだろう。1949年にこのベースとなるFLという型式のモデルを初めて市場に投入。

時代の荒波を乗り越えたそのデザインは、シルエットだけでも奥深い歴史が感じられる。

そして2017年、新しく大胆なスタイルとよりダークなイメージを打ち出したRoad kingを生み出すことで、その歴史に新たな1ページを刻むこととなった。その低い車高は、大地からのエネルギーをダイレクトに感じさせ、今までとは見た目も感覚も全く異なるものへと昇華しているようだ。

17-hd-road-king-special-2-large

「Road king Special」の“削ぎ落とされた”スタイリング

漆黒をまとい、力強いMilwaukee-Eightエンジンを搭載した同モデルは、ハーレーダビッドソンのツアラーラインナップのスタイリングを新しいドラマティックな方向へと導き、クラシックなRoad kingをベースに現代風にアレンジしてる。

スタイルやMilwaukee-Eightエンジンとともに、昨年発表した「2017年モデル」と同様にサスペンションもグレードアップ。新しくなったフォーク内部により減衰制御性が向上しているほか、リアショックも油圧式(空圧式ではない)スプリングプリロード調整機構を用いた全く新しい設計となっている。

大きなグロスブラックのヘッドランプナセルを据えたダークなフロントエンドが、「Road king Special」を象徴するスタイル要素となっているほか、現行のRoad kingには装備されているウィンドシールドがないことも特徴のひとつ。さらに、高さ9インチ(約23cm)、幅1.25インチ(約3cm)の新型ミニエイプハンドルバーにより、ライダーはアグレッシブな姿勢を保ち、快適に長時間走行することができる。

17-hd-road-king-special-6-large

ハーレーダビッドソン社 スタイリング&デザイン部門担当
バイスプレジデント、ブラッド・リチャーズ

「FLシリーズは、ハーレーダビッドソンのライディング体験の原点を常に踏襲してきました。このモデルではクローム仕上げをブラックに変更し、車高をさらに低くしたことで、伝統のRoad kingを新たな領域へと導き、カスタムバガーの世界に新たな風を吹き込みます。走りに拘ってつくられたRoad kingは、ハードに乗りこなすことで圧倒的な存在感を演出します。まさに私たちの期待通りのデザインです。」

Road king Special

Model Year 2014, MY14, Model Year 14, 2014, Road king, Touring

【メーカー希望小売価格】
・ビビッドブラック ¥3,087,400(本体価格¥2,858,704)
・モノトーンカラー ¥3,133,900(本体価格¥2,901,760)
・ハードキャンディーカスタム ¥3,378,400(本体価格¥3,128,149)

【スペック概要】
・Milwaukee-Eight 107(排気量:1,745cc)
・全長×全幅×全高:2,420x990x1,150mm
・ホイールベース:1,625mm
・最低地上高:125mm ・シート高(*無負荷状態):695mm
・車両重量:372kg
・レーク・トレール:26°170mm
・フューエルタンク容量:22.7L
・フロントタイヤ:130/60B19 61H
・リアタイヤ:180/55B18 80H
・フロント・リアブレーキ:ダブル・シングル

※上記は現時点で発表されている仕様となります。日本仕様が異なる場合、あるいは車両の仕様・デザインが予告なく変更される場合があります。

情報提供元 [ ハーレーダビッドソンジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 活用次第で50%以上もお得に 東日本高速道路と中日本高速道路は、2017年7月14日(金)…
  2. オートバイ関連部品の開発・製造等を行うキジマは、USBチャージャー「TWIN PORT TY…
  3. 株式会社ホンダモーターサイクルジャパンは6月14日に、2輪車用補修部品(純正部品)のメー…
  4. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産…
ページ上部へ戻る