[X-Trial]Rd.1 ボウがXトライアルのメッカ、バルセロナで11度目の勝利

wt170205012H

トップに並ぶスコアでファイナルラップに進出

2017年の世界選手権シリーズの皮切りは、Xトライアル(インドア世界選手権)です。今年の開幕戦の舞台には、トライアルの総本山であり、多くのライダー、メーカーにとって地元大会となるバルセロナが選ばれました。

伝統のXトライアルバルセロナ大会は、今回が40度目の記念大会となります。Xトライアルの中でも随一の広さを誇るバルセロナのオリンピックスタジアム、パラオ・サン・ジョルディには、9600人の観客が集まりました。

Xトライアルを10連覇中と、圧倒的な強さをみせるトニー・ボウ(Repsol Honda Team)ですが、今大会では、クオリファイの最初のセクションで5点となってしまいます。

それでも、その後の4セクションでは見事な走りを披露。最終的には、ボウのクオリファイは見事なもので、トップに並ぶスコアでファイナルラップに進出しました。特に、滝セクションをリアホイールの1輪のみでクリアしきった際には、大喝采を浴びていました。

Repsol Honda Teamのヤングライダーであるハイメ・ブストは、上位4人によるファイナルにはわずかに届かず。アルベルト・カベスタニー(シェルコ)に続く5位となりました。それでもブストにとっては、バルセロナ大会でのベストリザルトとなりました。

日本人ライダーの藤波貴久(Repsol Honda Team)は、ブストに2点差となる6位に甘んじました。難関セクションでは、シーズンオフに負傷した肩の影響が出てしまっていたようです。

次の戦いは3月11日(土)、オーストリアのウィーナー・ノイシュタットで行われます。

Xトライアル開幕戦直前インタビュー

Xトライアル開幕戦直前の意気込みをRepsol Honda Teamのトニー・ボウ選手、藤波貴久選手に聞きました。

Xトライアル 開幕戦 スペイン リザルト

1 トニー・ボウ Honda 5
2 A.ラガ TRS 21
3 J.ファハルド ヴェルティゴ 24
4 A.カベスタニー シェルコ 24
5 ハイメ・ブスト Honda 10
6 藤波貴久 Honda 12
7 J.ダビル ガスガス 17
8 F.カドレツ

ポイントランキング

1 トニー・ボウ Honda 20
2 A.ラガ TRS 15
3 J.ファハルド ヴェルティゴ 12
4 A.カベスタニー シェルコ 9
5 ハイメ・ブスト Honda 6
6 藤波貴久 Honda 4
7 J.ダビル ガスガス 2
8 F.カドレツ ガスガス 1

→全文を読む

情報提供元 [ Honda ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 全てのライダーに、Z900RSの魅力を。 「KAWASAKI Z900RS CLUB JA…
  2. プレストコーポレーションは、YZF-R1のデビュー20周年の節目に、鈴鹿8耐4連覇を達成した…
  3. いくら自分が安全運転を務めていても、周りのクルマがみな同じ意識で走っているとは限らない。だか…
  4. 2018年8月30日、新型ニンジャ400の2019年の新色が発表された。250の車体に400…
ページ上部へ戻る