ヨシムラ、2017年のレース活動におけるMOTUL社とのタイトルスポンサー締結を発表

170206_17

30年ぶりのタッグ。「ヨシムラスズキMOTULレーシング」が発足!

ヨシムラジャパンは、2017年のレース活動におけるタイトルスポンサーとしてMOTUL社と契約を行ったことを発表した。

全日本ロードレース選手権と世界耐久選手権シリーズ最終戦・鈴鹿8時間耐久ロードレースにおいて、共同で勝利に向けて戦っていく。

なおこの契約に伴い、チーム名は「ヨシムラスズキMOTULレーシング」となり、正式な参戦体制発表は、3月24日より開催される第44回東京モーターサイクルショー2017で行われる。

以下公式サイトより


MOTUL社とは1980年代前半に強力なパートナーシップを組み、1985年のGSX-R750デビューイヤーに於いてチャンピオンの獲得など数々の成功を収めて参りました。

そして2017年、MOTULとヨシムラの新たな歴史の1ページを書き込んで行ける事に、ヨシムラジャパンスタッフ一同興奮が冷めません。

新型となったスズキGSX-R1000のポテンシャルをMOTULの技術とヨシムラの情熱から余すところなく引き出して、全日本ロードレース選手権のシリーズチャンピオン獲得、そして5度目の鈴鹿8時間耐久レース制覇に向けて邁進して行きます。

なお、この契約に伴いチーム名は『ヨシムラスズキMOTULレーシング』となります事を併せて発表させて頂きます。

この『ヨシムラスズキMOTULレーシング』の正式な参戦体制発表は、3月24日より開催の第44回東京モーターサイクルショー2017の特別公開において、ヨシムラジャパンブース(西3ホール)にて行う予定となっております。

→全文を読む

情報提供元 [ ヨシムラ ジャパン ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る