カワサキの定番ネオクラシックに注目!「ESTRELLA(エストレヤ)」 の2017モデルが発売

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長 】

17BJ250LHF_BU1_sltl

カワサキのネオクラシックモデル、「ESTRELLA(エストレヤ)」の2017年モデルが発売される。変更点はカラーリングとグラフィックのみ。

また、エンジン、エキゾーストシステムなどをブラック仕上げとした「ESTRELLA Special Edition」も同時発売。3月15日からデリバリー開始となる。

【関連ニュース】
◆【新車】カワサキ、カラー変更した2017年モデル「ESTRELLA/Special Edition」を発売

25年間変わらない定番スタイル

エストレヤは92年にデビュー。空冷シングルエンジンにキャブトンマフラー、サドル型シートやスポークホイールを採用。
往年の英国車や今のカワサキの原型となった「メグロ」を思わせる、ノスタルジックな雰囲気を持った「ネオクラシックモデル」として人気を博してきた。

L_estrella_1992▲1992年式 エストレヤ

800px-Meguro_Motorcycle▲カワサキメグロ SG 
Photo by Syclone[CC BY-SA 3.0] , via Wikimedia Commons

2007年にはフルモデルチェンジが行なわれ、キャブレターからFIシステムへと燃料供給方式が改められて現在に至っている。
年式によってブレーキシステムがドラムやディスクであったり、シート形状などに変更が見られるが、誕生から25年間ほぼそのままの姿で生き永らえてきた希少なモデルである。

CUEpVBHUsAEpQoJ▲2007年にフルモデルチェンジされたESTRELLA

鼓動感あふれるロングストローク単気筒

エンジンは空冷4スト単気筒SOHC2バルブ249ccで直立したシリンダーが特徴だ。外見はクラシカルだが、吸気系にはFIシステムを採用。
吸気温度やスロットルポジション、吸気圧、車速、クランクシャフト角度などの情報をセンサーで拾って解析し、低中速トルクをメインに様々な状況で安定したパワーを実現している。

im_ft_kinou07-tile

特筆すべきはボア66.0m×ストローク73.0mmという典型的なロングストローク設定となっていることだ。
ロングストロークエンジンは低回転トルクに優れる特性があり、実用域で扱いやすい上に、単気筒ならではのメリハリのある鼓動感を感じられるメリットもある。

つまり性能よりもテイストを重視したエンジンレイアウトなのだ。

また、スムーズな曲線と長い直線ラインから構成されるキャブトンタイプマフラーを採用することで、クラシカルなビジュアルとともに歯切れの良い排気音も実現している。

小回りの利くコンパクトな車体で軽快に走る

車体面ではフレームにスチール製セミダブルクレードルタイプを採用し、剛性としなやかさがバランスした扱いやすいハンドリング特性を実現。見た目にもシンプルかつコンパクトで、エンジンやマフラーの美しさを引き立たせる構造となっている。

サスペンションはフロントにφ39mm正立フォークとリヤにツインショックというオーソドックスな組み合わせだが、減衰力を最適化することで、快適な乗り心地と安定したフットワークを実現した。

エストレヤの最高出力は13kW(18PS)/7,500rpmと控えめだが、1,410mmのショートホイルベースと装備重量161kgの軽量コンパクトな車体で、見た目以上に軽快でキビキビとした走りができるモデルだ。また、左右それぞれ40°のスアリングアングルは抜群に小回りが利くのでUターンなども得意である。

シックで上品な「スペシャルエディション」を設定

17BJ250LHFA_BU2_sltl▲ESTRELLA Special Edition
メタリックスレートブルー×パールクリスタルホワイト

さて今回発売される2つのバリエーションモデルだが、ベーシックモデルの「ESTRELLA」は、バフ研磨を施したエンジンにクロームメッキが輝くキャブトンマフラー、フューエルタンクにあしらわれた立体エンブレムなど、上質なパーツがふんだんに盛り込まれたクラシカルで美しいスタイリングが特徴。

一方の「ESTRELLA Special Edition」はエンジン、フロントフォーク、エキゾーストシステムなど車体各部をブラック仕上げとし、専用ニーパッドや立体エンブレム、ツートーンカラーの専用シートデザイン、フォークブーツなどを採用。
フューエルタンク上部に専用デカールを採用するなどシックで高級感のあるエクステリアを演出したモデルとなっている。

自分好みのカフェスタイルなども演出できる

14BJ250LEFA_BLK_Cafe-tile

アクセサリーも充実している。レトロな雰囲気を醸し出すCafe Styleカウルやパニアケース、ウィンドシールドなどを用意し、スタイリッシュな外観だけでなく快適性も考慮された豊富なオプションをライダーの好みに応じて選択できるなど、ユーザビリティに優れる点も魅力となっている。

時代に媚びることなく伝統を重んじながらも、ユーザーの気持ちに寄り添ってきたエストレヤ。カワサキの良心を感じさせる、長く愛される理由のある一台だ。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

早稲田大学教育学部卒業後、情報メディア企業グループ、マーケティング・コンサルタント会社などを経て独立。趣味で始めたロードレースを通じてモータージャーナルの世界へ。
雑誌編集者を経て現在はジャーナリストとして2輪専門誌やWEBメディアで活躍する傍ら「ライディングアカデミー東京」校長を務めるなど、セーフティライディングの普及にも注力。
株式会社モト・マニアックス代表。「Webikeバイクニュース」編集長。
日本交通心理学会員 交通心理士。MFJ認定インストラクター。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【スズキ GSX-S125】ディテール&試乗インプレッション:外観、装備編 GSXのD…
  2. お気に入りの愛車だけど、「もう少しだけパワーがあれば最高なんだけどなぁ」なんてライダーの悩み…
  3. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  4. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
ページ上部へ戻る