ヤマハから新型ストリートモデル「FZ25」が登場!期待を込めてその走りを予想しました!

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

gallery4

ブルーコア・エンジン搭載のハイエンドモデルとしてインドで発売

ヤマハから250ccのニューモデル「FZ25」が登場します。走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する“BLUE CORE”の 新エンジンを搭載したシングルストリートモデルです。

発売は2017年2月からインド市場にて開始されるとのことで日本での発売は未定ですが、いずれ国内投入の可能性もあるでしょう。価格は119,500インド・ルピーということで、日本円に換算すると20万円程度とリーズナブルな設定であることも大いに興味をそそられます。

【関連ニュース】
◆【新車】ヤマハ、“BLUE CORE”エンジン搭載の新型ストリートモデル「FZ25」をインドで発売

「FZ25」の主な特徴は、以下のとおり。

1) 街中での実用領域で優れた走行性能を実現するトルクフルなFI搭載 空冷単気筒エンジン。
2) 意のままに操る喜びを体現する148kg軽量ボディ。
3) 先進性をアピールするLEDヘッドライトおよびLCDメーターなど。
デザインはアスリートの逞しい筋肉のイメージにマスフォワード感やダウンフォース感を重ねたスタイル

製造・販売はグループ会社 IYM(India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)が行うとのことです。

インドの二輪車市場は年間1,800万台と今や世界最大規模。そのうちの6割が100cc~150ccだそうで、ヤマハではすでに2008年から「FZ」(150cc)や2014年に「FZ‐FI」(150cc)などのFZシリーズを導入しています。

インド市場では近年の所得水準の向上に伴い、高価格帯製品へのニーズが拡大しつつあり、こうした背景を踏まえての今回の「FZ25」の導入となっています。

気になるMT-25との比較は!?

20170125_yamaha_fz25_03▲FZ25

以上が、ヤマハからのアナウンスの要約ですが、日本のユーザーが気になるのは既存の250ccスポーツモデルとの比較でしょう。

特に同じヤマハからリースされているネイキッドタイプのMT-25と比べてどうなのかシミュレーションしてみます。

海外サイトなどの情報によると、FZ25のエンジンは空冷SOHC単気筒2バルブの249ccで最高出力は15.4kw(20.9PS)/8,000rpmとなっています。

これに対してMT-25は水冷DOHC並列2気筒4バルブ249ccで最高出力は27kW(36PS)/12,000rpmですから、スペック的には大きな性能差があります。ただ、環境性能を向上させたブルーコア・エンジンを搭載しているということで、技術的なバリューは高いと言えるでしょう。

19_MT-25_S8_3▲MT-25

軽量ボディと中速トルクを生かし、街乗りはキビキビと走るはず

gallery2

また、車重はMTの165㎏に対してFZは148㎏と17㎏も軽く、常用域での実質的な速さのバロメータとなる最大トルクではMTの23N・m(2.3kgf・m)/10,000rpmに対して、FZは20N・m/6,000rpmと遜色ないレベルです。

しかも非常に低い回転数で発揮することを考え合わせると、街乗りなどでは軽快かつキビキビとした走りを実現してくれるものと予想できます。

足回りもサスペンションはフロントが正立フォークでリヤはモノショック、前後シングルディスクブレーキにフロント2ピストン&リヤ1ピストンキャリパーを組み合わせる同じ構造を採用しているし、前後タイヤもほぼ同サイズのチューブレス(リヤは140/70-17で同一。

MTがフロント110/70-17に対しFZは100/80-17)ということで、制動力やコーナリング性能的にも抜かりはないと思われます。

LEDヘッドライトやフルデジタルメーターなどの装備も現代的です。

white▲FZ25

写真で見る限り、スイングアーム形状などに若干のコストダウンが見受けられますが、コスパを考えると全体的にはなかなかの完成度と言えそうです。

インド本国のプロモーションビデオでも、FZ25は軽快な走りを存分にアピールしています。日本でも活況を呈する250ccクラスだけに、ぜひ国内投入を期待したいところですね。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. 専用設計でペール缶にピッタリフィット パーツの企画・製造・販売を行うマジカルレーシングは、…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 「トータルコントロール」が開発テーマ CB250…
  3. オートバイパーツ、車体の塗装・整備を行うAWANOメンテナンスサービスは、オンロードバイク用…
  4. ■大会名 ルマン24時間耐久レース ■開催地 フランス・ルマン ■開催期間 …
ページ上部へ戻る