AKENO SPEEDが2017年チーム体制を発表 南本宗一郎、仲村優祐が全日本ST600にチャレンジ!

170131_41

南本と仲村がST600にステップアップしフルエントリー!

三重県・伊勢明野にベースを構え全日本ロードレース選手権、アジアロードレース選手権などで活躍しているAKENO SPEEDが2017年のチーム体制を発表した。

昨年、JP250、AP250に参戦した南本宗一郎と仲村優祐がST600にステップアップしフルエントリー。さらに昨年、九州選手権チャンピオンの野田友治、鈴鹿サンデーロードレースランキング3位の小山葵が加わり、スポット参戦する。チーム代表の稲垣誠は、全日本J-GP2クラスにスポット参戦し、鈴鹿8耐も走る予定だ。

なお南本宗一郎は、ヤマハ発動機とバレンティーノ・ロッシ選手が主宰する「VR46 Riders Academy」が協力し、若手ライダーの育成・教育を行う「THE MASTER CAMP」に2度に渡って参加しており、その成長と活躍に注目が集まる。

【関連ニュース】
ヤマハ、「VR46 Riders Academy」日本人ライダー、南本 宗一郎選手を含む若手ヤマハライダー5名の派遣を決定
ヤマハ、「VR46 Riders Academy」で第2回「THE MASTER CAMP」を開催 日本人ライダー、南本 宗一郎選手を含む若手ヤマハライダー6名を派遣
ヤマハ、「VR46 Riders Academy」で第2回「THE MASTER CAMP」を終了。それぞれの主戦場に戻り活躍を誓う!

情報提供元 [ SUPERBIKE.JP ]

関連記事

ページ上部へ戻る