ヤマハ、コミュニケーションプラザのデザイン展示をリニューアル!新展示は「色彩でデザインは完成する」

20170131_yamahacomu_02

ヤマハ発動機は、企業ミュージアム「コミュニケーションプラザ」のデザイン展示をリニューアルした。

「二輪車のデザイン」のリニューアル3回目となる新しい展示は、「色彩でデザインは完成する」。
それぞれの国や地域の文化、風土、歴史的背景に根ざしたカラーリングとグラフィックの関係を、5つの国別に紹介している。

新デザイン展示「二輪車のデザイン ― 色彩でデザインは完成する」

20170131_yamahacomu_01

Refined Dynamism=本質を追求した独創的な躍動感と美しさでエモーションを刺激し、豊かな生活を提供する。それが、ヤマハのモノ創りにおけるデザイン哲学です。1階フロアの「デザイン」展示コーナーでは、さまざまなヤマハ製品をモチーフにして、デザインとの関わりを具体的に表現しています。

「二輪車のデザイン」のリニューアル3回目は、カラーリングとグラフィックによるローカライズがテーマ。私たちの身のまわりには、無数の色や柄、文様があふれていますが、なかでも国や地域の文化、風土、歴史的背景に根ざした色柄には自然と心を惹かれます。
そうした要素をデザインに取り込み、アレンジすることで、ひとつの製品を国ごとに最適化して仕上げる・・・。その具体的な展開例を、アセアン向けスポーツスクーター「GDR155」のソリッドなクレイモデルと、5つの国別にローカライズされたカラーバリエーションでご紹介しています。

[ヤマハコミュニケーションプラザ情報]
>>https://global.yamaha-motor.com/jp/showroom/cp/exhibition/

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る