トライアンフが2017モデル発表会を開催 伝統的で新しい「ボバー」と「スクランブラ―」が登場

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長 】

IMG_5971

今週、都内でトライアンフの2017モデル発表会が開催され、初春より発売される水冷ボンネビルシリーズの2つのニューモデルが公開された。伝統の中に新しさを織り交ぜた、トライアンフのブランド戦略が見えてきた。

BONNEVILLE BOBBER
ミニマルかつ野性味あふれるホットロッドカスタム

IMG_6034

ボンネビルボバーは1940年代の「トライアンフ ボバーカスタムスタイル」の血統を受け継ぐモデルで、ベースとなったボンネビルT120から不要なパーツをそぎ落とした、ミニマルかつ力強いスタイリングが特徴。

ブリティッシュ・ホットロッド(直線加速を競うゼロヨンレースマシン)をデザインコンセプトに、シンプルなロー&ロングなスタイル、ワイドフラットバー、専用タイプのフューエルタンクにワイヤースポークホイール、幅広のリアホイールなどがフィーチャーされている。

エンジンは T120系の水冷並列2気筒270度クランク1200ccの高トルク型エンジンをベースに、さらにミドルレンジのトルクを増大させることで、カテゴリー最強レベルの加速を実現。スタイリングだけではない走りの実力も備えられた。

一方で現代のマシンらしく電子制御も盛り込まれ、ライド・バイ・ワイヤによる2モード(ROAD、RAIN)の選択が可能。新世代のABSや切替式トラクションコントロールを搭載するなど、安全性とコントロール性もレベルアップしている。

Bobber Triumph Motorcycles-vert

そして、T120との大きな違いは、古典的なハードテイルスタイルを採用していることだろう。

ハードテイルとは、かつてリヤサスペンションが一般的ではなかった時代のスタイルで、フレームによって衝撃を吸収していた。その当時のバイクのシルエットを生かすため、ツインショックではなくあえてモノショックとし、どの角度からも見えない場所(シート下の奥)に設置している。

MY17-Bobber-4-LF

また、ライディングポジション調整式のシングルシートを装備し、ライダーの身長やライディングスタイルにアジャスト可能となる新しい機構も取り入れた。

ファクトリーカスタムを表したブロンズ製1200HTエンジンバッジや艶消しエンジンカバー、ブランドマーク入りタンクキャップなど、上質感あふれるディテールも魅力だ。

14▲Bonneville Bobber ジェットブラック

【関連ニュース】
◆【新車】トライアンフ、新たなる方向性を示すニューモデル『BONNEVILLE BOBBER ボンネビル ボバー』を発表

STREET SCRAMBLER
スタイリッシュに進化した現代のスクランブラ―

IMG_6032

もう一台は昨年発売されたストリートツインをベースに開発された、ストリートスクランブラーである。

スクランブラ―とは、元々は砂漠や荒れ地を走るために改造されたレース車両のこと。そのイメージを現代に再現するために、専用シャーシと長いリアショック、走破性を高める19インチのフロントホイールとメッツラー製デュアルパーパスタイヤ、クロススポークホイールを採用。

スタンディングポジションを可能にするアップライトなワイドハンドルバーが新たに採用されている。

エンジンは高評価を受けているストリートツイン系の、水冷並列2気筒270度クランク900ccの高トルク型エンジンをベースに、さらに低~中回転域のトルクと出力を大幅に向上させ、街乗りや軽いオフロード走行に最適化している。

最も特徴的なのはスクランブラ―の象徴とも言える、車体サイドにマウントされた新設計のステンレス製ツインエキゾーストシステムだろう。ヒートガードを備えたメカニカルなデザインと独特の鼓動感あふれるサウンドが存在感を主張。性能面でも従来の空冷スクランブラ―を上回る走りのパフォーマンスを実現している。

20161110_triumph_st-sc_0520161110_triumph_st-sc_02
20161110_triumph_st-sc_0420161110_triumph_st-sc_03
▲外観のディテールの作り込みにもこだわりが見て取れる。

ロックキャップの付いたエレガントな燃料タンク、Triumphマークとエンジンバッジが光る形状の美しいブラックのエンジンカバー、ユニークなガンメタル仕上げのエンジンバッジ、艶消しアルミ製タンクロゴエンブレムなど、新型ボンネビルシリーズにも共通するプレミアム感も魅力だ。

20161110_triumph_st-sc_07

また、他のボンネビルシリーズ同様、ライド・バイ・ワイヤによる切り替え式トラクションコントロールや切り替え式ABS、トルクアシストクラッチなどにより安全性とスムーズな操作性を確保。

防犯性を高めるエンジンイモビライザーやシート下USB充電ソケットなどユーティリティも充実させるなど、現代にマッチした仕様となっている。

20161110_triumph_st-sc_13▲STREET SCRAMBLER コロシレッド&フローズンシルバー

【関連ニュース】
◆トライアンフ、2017 Street Twinシリーズに新型「STREET SCRAMBLER」を追加し発表

往年のカスタムスタイルを現代に再現する手法がトレンドに

IMG_6021

「ボバー」や「スクランブラ―」しても、元々は若者たちが生み出したカスタムスタイルが源流となっている。

ロンドンのACECAFEに夜な夜な集まった若者たちが熱狂したカフェレーサーなどと同様に、そぎ落とし系の「ボバー」はドラッグレースの原型となるホットロッドに影響を受けているし、「スクランブラ―」はロードバイクを不整地に持ち込んで腕比べをしたスクランブルレース(と呼ばれた)用の改造車から生まれた。

こうした50年代~60年代のカルチャーを懐かしむエンスーな熟年世代や、逆に新鮮味を感じる感性豊かな若者世代へのアプローチが、最近のモーターサイクル業界のトレンドとなっている。

その意味で、近年のトライアンフは圧倒的なネームバリューを持つ伝統の「ボンネビル」の名を前面に出したモデルラインを幅広く展開することで、ブランドイメージを高め世界中で業績を上げている。

新しい3気筒スポーツモデルの展開も含めて、今後もトライアンフの動きに注目していきたい。

ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. スズキは、10月27日から11月5日まで東京ビッグサイトで開催(一般公開は10月28日から)…
  2. 女性向けオートバイ雑誌「Lady's Bike(レディスバイク)」が、9月16日~17日に開…
  3. 名車はどんな音を奏でるのか?ヤングマシンDVDアーカイブより、気になる名車のサウンド動画を抜…
  4. ライディング・スクール「KRS」の校長でモータージャーナリストの柏秀樹氏が主催するセローミー…
ページ上部へ戻る