【新車】ヤマハ、“BLUE CORE”エンジン搭載の新型ストリートモデル「FZ25」をインドで発売

20170125_yamaha_fz25_004

ヤマハ発動機は、走りの楽しさと燃費・環境性能の両立を具現化する“BLUE CORE”の 250cc新エンジンを搭載したストリートモデルの新製品「FZ25」を2017年2月からインド市場で発売することを発表した。

価格は119,500インド・ルピー(デリー店頭小売価格)。カラーはBALLISTIC BLUE、KNIGHT BLACK、WARRIOR WHITEの3色。

“BLUE CORE”エンジン搭載の新型ストリートモデル「FZ25」

「FZ25」の主な特徴は、1) 街中での実用領域で優れた走行性能を実現するトルクフルなFI※1搭載単気筒エンジン、2) 意のままに操る喜びを体現する148kg軽量ボディ、3) 先進性をアピールするLEDヘッドライトおよびLCDメーターなどです。デザインは、アスリートの逞しい筋肉のイメージにマスフォワード感やダウンフォース感を重ねたスタイルとした。
製造・販売はグループ会社 IYM(India Yamaha Motor Pvt. Ltd.)が行う。

20170125_yamaha_fz25_01▲BALLISTIC BLUE

20170125_yamaha_fz25_03▲KNIGHT BLACK

20170125_yamaha_fz25_02▲WARRIOR WHITE

インドの二輪車市場は年間1,800万台※2と世界最大規模で、そのうちの6割が100cc~150ccのモーターサイクルだ。
同社が2008年に導入した「FZ」(150cc)や2014年導入の「FZ‐FI」(150cc)などのFZシリーズは、インド市場では比較的高価格カテゴリーの製品だが、若いユーザーの支持を得て、発売以来の累計販売が130万台を超える人気モデルとなっている。近年は所得水準の向上に伴い、インド二輪車市場では高価格帯が拡大傾向である。
こうした背景を踏まえ、同社はこの「FZ25」の導入によりFZシリーズのラインアップを充実させ、ハイエンドカテゴリーでさらなる販売拡大を目指す意向だ。

※1 FI(Fuel Injection):電子式燃料噴射装置
※2 2016年/同社推定

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【PR】 バーエンドの交換は、安価かつ手軽ながら意外と目立つカスタム。多彩なアフターパ…
  2. 【PR】 画質が鮮明、自動録画や衝撃センサーも重宝する 【ビッグマシン・ゼロ:文…
  3. Hondaは、ロングセラーのロードスポーツモデル「CB400 SUPER FOUR」と、防風…
  4. 【PR】 バンキングがクイック!全てがダイレクトに変化 【ビッグマシン・ゼロ:文…
ページ上部へ戻る