【新車】ヤマハ、「MT-09 TRACER ABS」2017年モデルを発売 操作性と走行性の向上でさらに磨かれたマルチパーパス性

170123_67

アシスト&スリッパークラッチを搭載し、新色を設定

ヤマハ発動機は、845cm3の直列3気筒エンジンを搭載した、さまざまなシーンでスポーティかつ快適な走りを楽しめる「MT-09 TRACER(トレーサー)ABS」の2017年モデルを発表。2017年2月15日より発売する。

「MT-09 TRACER ABS」は、穏やかな車体挙動と軽いクラッチ操作荷重を実現するA&S(アシスト&スリッパー)クラッチを新搭載。

さらに、TCS(トラクション・コントロール・システム)を従来の”ON/OFF”選択のみから「1(弱)」「2(強)」「OFF」を選べる2モード選択式を新たに採用し、より滑らかな発進性・走行性でライディングをサポートする。

ボディカラーは個性にあわせて選ぶことのできる新色の3パターンを設定。メーカー希望小売価格は1,069,200円(税込)となっている。

170123_55

MT-09 TRACER(トレーサー)ABS

170123_50
170123_51
170123_52
170123_53
170123_46
170123_47
170123_48
170123_49
170123_42
170123_43
170123_44
170123_45

車両概要

■名称
「MT-09TRA」
・ダークグレーメタリックG(新色/リーフグリーン)
・ディープパープリッシュブルーメタリックC(新色/ブルー)
・マットダークグレーメタリック6(新色/マットグレー)

■発売日
2017年2月15日

■メーカー希望小売価格
1,069,200円(本体価格990,000円/消費税79,200円)

■販売計画
800台(年間、国内)

※メーカー希望小売価格(リサイクル費用含む)には、保険料、税金(除く消費税)、登録などに伴う諸費用は含まれていない。

特徴

水冷・DOHC・直列3気筒・4バルブ・
フューエルインジェクション搭載エンジン

170123_57

3気筒エンジンならではの特色を活かし、開発。優れた出力トルク特性を獲得するとともに、粘り強く、高いトルクを引き出し、あわせてスムーズな吹け上がりを実現。

軽量かつ高い剛性バランスを実現。軽量アルミフレーム

170123_58

ヤマハ独自のCFアルミダイキャスト技術による部材を使用した軽量アルミフレームにより、軽量化と剛性バランスを両立。またリアアームのピボットはフレーム外側締結として、直列2気筒車並みのフットレスト幅を実現している。

※従来式ダイキャストでは困難な「薄肉かつ大物」のアルミダイキャスト部品を量産化できる独創的な技術。設計・デザインの自由度が増し、軽量化とともに高いデザイン性を可能にする。

さまざまな路面状況に対応。
ショック吸収性と追従性に優れた前後サスペンション

170123_59

インナーチューブ径41mm・倒立式フォークのフロントサスペンション&リンク式リアモノクロスサスペンション。イニシャル調整と伸び側減衰力の調整機構により、走行環境や好みに応じたセッティングが可能。幅広いシーンで、快適な乗り心地をサポートする。

優れた制動力。対向ピストン4ポット
ラジアルマウントキャリパー・フロントブレーキ

170123_60

良好な初期タッチ、リリース特性など、コントロール性に優れた制動力に貢献する、298mm径フロントディスクブレーキ。また、ABSを標準装備した。

※車輪に付けられたセンサーがスリップを感知すると、ブレーキを制御して車輪のロックを抑制する。制動距離を短くしたり、転倒を回避するシステムではないため、コーナー等の手前では十分に減速し、コーナリング中の急制動を避ける必要がある。

好みに応じた自在の走り。D-MODE(走行モード切替システム)

走行環境やライダーの好みにより、「STDモード」(標準モード)、「Aモード」(STDモードよりシャープでダイレクトなレスポンスを楽しめるモード)、「Bモード」(STDモードより穏やかで扱い易い出力特性を楽しめるモード)を選択可能。

2モード選択式TCS(トラクション・コントロール・システム)を採用

従来のON/OFF選択のみから、路面状況、ライダーの好みに応じて、制御の強さを「1(弱)」「2(強)」「OFF」から選択できる2モード選択式を新たに採用。滑らかな発進性・走行性をサポートする。

デザインと機能を両立。軽量ホイール&ラジアルタイヤ

170123_61

10本スポークタイプの軽量アルミ製キャストホイール。またフロント120/70ZR17、リア180/55ZR17のツーリング向け・ラジアルタイヤを装着している。

走りを感じさせる個性的なスタイリング

170123_62
170123_63

2眼とエアインテークを組合せた、個性的なフロント周り。ヘッドランプにはポジション、ハイ・ローともにLEDを使用。リフレクター形状の中にLED発光体を埋め込むことにより、特徴的なランプデザインを実現している。

またリアには左右セパレート、視認性に優れたLEDテールランプを装備。スタイリッシュなブラッシュガードやタンク周りの構成、デザインなどにより、全身で軽快な印象をアピールしている。

好みに応じて調整可能なライディングポジション

タンデムを考慮したセパレートシートは、形状やクッション材の弾性を最適化し、優れたコンフォート性とフィット性を実現。また、メインシートは手動で2段階に高さ調整が可能で、前後に10mmアジャスト可能なハンドル位置とも相まって、体格や好みに応じたライディングポジションに調整できる。

3段階にセッティング可能なスクリーン

走行風による疲労を低減するスクリーンを装備。またフロントカウルのスクリーンは手動で15mmずつ3段階に高さを調整できる。

さまざまな情報をひと目で把握できる。
多機能マルチファンクションメーター

170123_64
170123_65

左側メーターには、バー表示のタコメーター、デジタル表示速度計。右側には、走行データ等の各種情報を表示できる多機能マルチドットディスプレイをレイアウト。また、グリップヒーターのモード調整にも対応し、好みに応じた表示内容のカスタマイズも可能。

メーターパネル左側に12V・DCジャックを配置。さらに環境への配慮から、スロットルコントロール時に点灯するECOインジケーターを装備している。

※適合品はワイズギア製品。(別売/取扱い 株式会社ワイズギア)
※メーターパネルは撮影用に点灯したもので、実際の走行状態を示すものではない。

長距離走行で便利。多様な積載性を考慮したリア周り

グラブバー、サイドケース取付けステー、荷掛けフック、10箇所のラゲッジストラップホルダー、ヘルメットホルダーなどを装備。リアキャリア装着等、高い拡張性、利便性を獲得している。

また、メインスタンドを標準装備。加えてツーリングシーンでのゆとりある航続距離を得るため、18リットルの燃料タンクを装備した。

個性で選べる3タイプのカラーリング

170123_66

大人のファッションセンスをベースに、上質感を盛り込んだリーフグリーン。ブルーは、ヤマハレーシングブルーをより強調。ブルーメインの配色で、ダイナミック&スポーティをさらにアピール。

マットグレーは、定番のブラックながら機能性と質感を織り込んだシリアスなイメージに加え、MT-09 TRACERロゴには夜間に光を反射する新グラフィックを採用している。

アシスト&スリッパー(A&S)クラッチを新たに採用

クラッチレバーの操作荷重を軽減するとともに、バックトルクによる車体挙動への影響を抑止。市街地などでの軽快な走りに貢献する。

YAMAHA MT-09 TRACER プロモーションムービー

※ムービー内の車両カラーは現行モデルのカラーリングとは異なる。

 

関連ニュース

170123_219

→全文を読む

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

ピックアップ記事

  1. 西日本最大級のオートバイ総合イベント「第34回大阪モーターサイクルショー2018」が2018…
  2. 【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】 先週、カワサキ2018ニューモデルのメディ…
  3. 世界最大の国際オートバイ・スクーター専門見本市であるモーターサイクルショー『EICMA』、通…
ページ上部へ戻る