ヤマハ、特設ページ「Off-road Mania」でオフロードマシン開発秘話最終節「次代を見据えた独創チャレンジ」を公開

170120_17

ヤマハのオフロードマシン開拓史、最終話が公開!

ヤマハ発動機は、特設ページ「Off-road Mania」でオフロードマシン開発秘話「第7節:次代を見据えた独創チャレンジ」を公開した。

「Off-road Mania」では、1968年のDT1発売以来、常にフロンティアを走り続けてきたヤマハのオフロードマシン開拓史を、秘蔵映像とともに全7回の連載で公開しており、今回が最終節となる。

サイト内では、アメリカで撮影した動画や画像を中心に、需要創造へのチャレンジとしての普及活動と、従来のオフロードマーケットになかった製品の紹介をしている。オフロードマニア達が愛した、チャレンジスピリッツの歴史。オフロードファン必見のコンテンツだ。

“Off-road Mania”第7節「次代を見据えた独創チャレンジ」

170120_18

2016年10月、ヤマハの本社近くの敷地にEVプロトタイプの「PED2」があった。先回の東京モーターショーで出展されたモデルだ。全日本モトクロス選手権レディースクラス2015年チャンピオンの安原さや選手が、排気音もなくスルスルッと走り出しだした。

”EVの挑戦”の今を語るマシンから、彼女は何を感じるのか?音もなく加速していく未来のオフロードバイクは、草のむこうに見えなくなっていった・・・。

第7節 次代を見据えた独創チャレンジ
ヤマハオフロードマシン開拓史”オフロードマニア”

デジタル時代に即したコミニュケーション

「bLU cRU」思想の源は、今に始まったものではなかった。時代とともに移り変わるコミュニケーションツールを取り入れ、オフの魅力を積極的にアピールするYMUSの思いとは・・・。

ヤマハ・デモ・プログラム、人気の理由

米国で人気のヤマハ・デモ・プログラムは、初心者から上級者まで、またファミリーでの参加も多い。人気の理由と魅力をチーフインストラクターが語る。

オフロードマニア

170120_19
▲第1節:YZ250FX、WR250Fという結晶
170120_20
▲第2節:DT1誕生
170120_21
▲第3節:モノクロスサスペンション誕生の軌跡
170120_22
▲第4節:もうひとつの記号”テネレ”
170120_23
▲第5節:4ストモトクロッサーの衝撃
170120_24
▲第6節:情熱が生んだオフプレジャーラインナップ
170120_25
▲第7節 次代を見据えた独創チャレンジ

情報提供元 [ ヤマハ発動機 ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. インディアンモーターサイクルの輸入元であるホワイトハウスオートモービルは、現在正規販売店店頭…
  2. 今回はウェビックで販売している、意外と知られていない変わり種商品をご紹介します。 その名も…
  3. 『RC』の名を持つ世界限定ツアラーがリニューアル MVアグスタは、エモーショナルツアラー「…
  4. 冬の美浜町を楽しめるチャリティーイベント いろいろな乗り物に乗ったサンタクロースが愛知県の…
ページ上部へ戻る