【新車】スズキ、150ccの新型ロードスポーツバイク「ジクサー」を発売

170120_09

海外市場で好評の軽二輪車を国内投入!

スズキは、150ccの新型ロードスポーツバイク「ジクサー」を1月27日より発売する。

「ジクサー」は、スポーティーなデザインと力強い加速性能、優れた燃費性能を兼ね備えたロードスポーツバイク。スズキの大型スポーツバイクと共通のイメージとなる、ヘッドライトからタンクまでの一体感や、ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザインなど、スポーティーなスタイリングだ。

170120_10

フリクション低減や燃焼効率向上を図った専用開発のコンパクトな154cm3エンジンを、軽量で剛性の高いフレームに搭載することで、力強い加速性能と優れた燃費性能を実現。さらに、多機能メーターや、前後輪ディスクブレーキ、大径フロントフォーク、7段階調整式リヤサスペンションなど、スポーツバイクに相応しい装備が採用された。

「ジクサー」は、2014年にインドで生産・販売を開始し、アジアや中南米向けを中心に輸出している。インドで13の部門でバイクオブザイヤーを受賞するなど、海外市場で好評を得ているモデルを日本市場に投入することで、軽二輪車の新規需要を開拓する。

170120_08

ジクサー

メーカー希望小売価格:316,440円(税込)

■トリトンブルーメタリック

170120_01

170120_02

 

■グラススパークルブラック

170120_03

170120_04

 

■グラススパークルブラック/キャンディソノマレッド

170120_05

170120_06

「ジクサー」の主な特長

エンジン・車体

■専用開発の空冷単気筒154cm3エンジンは、フリクション低減や燃焼効率向上を図ることで、低速からの力強い加速性能(最高出力10kW/8,000rpm、最大トルク14Nm/6,000rpm)と優れた燃費性能(58.8km/L)を実現
■平成28年国内新排出ガス規制に対応
■コンパクトなエンジンと軽量なフレームの採用により、軽量な車両重量(装備重量135kg)を実現
■アップライトなハンドルやシートのポジションにより快適な乗車姿勢を実現

※国土交通省届出値:定地燃費値(60km/h)2名乗車時。定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率。燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値。ユーザーの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。

 

装備

■視認性の高いフルデジタル表示の液晶多機能メーター
(1)任意に設定したエンジン回転数に到達するとランプの点灯/点滅でシフトチェンジのタイミングを知らせるRPMインジケーター
(2)一目でギヤポジションがわかるギヤポジションインジケーター
(3)便利な時計と切替式のオドメーター/ツイントリップメーター
■大径のフロントフォーク(インナーチューブ径41mm)と7段階調整式のリヤサスペンション
■大径の前後輪ディスクブレーキ(前266mm、後220mm)
■リヤタイヤに140サイズのラジアルタイヤを採用
■長距離の走行に安心な大容量12Lの燃料タンク

 

デザイン

■スズキの大型スポーツバイクと共通イメージのスポーティーなスタイリング
(1)力強い印象を与える、ヘッドライト、ラジエーターシュラウド、タンクの一体感
(2)ボリュームのあるタンクとスリムなシートによる抑揚のあるデザイン
(3)カウルと一体化したデザインのグラブバーやLEDテールランプによる、シャープでコンパクトなリヤ周り
(4)ショートタイプのサイレンサーに2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラー
■車体色は、青「トリトンブルーメタリック」、黒「グラススパークルブラック」、黒/赤「グラススパークルブラック/キャンディソノマレッド」の3色を設定

年間目標販売台数

720台

車両情報

■商品名:ジクサー
■エンジン:4サイクル 154cm3
■メーカー希望小売価格(税込):316,440円

※価格(リサイクル費用を含む)には、保険料、税金(消費税を除く)、登録等に伴う費用は含まれない。
※黒/赤「グラススパークルブラック/キャンディソノマレッド」は5,400円高。
※製造事業者/スズキ・モーターサイクル・インディア社
※製造国/インド
※輸入事業者/スズキ株式会社

主要諸元※1

型式 2BK-NG4BG
全長 / 全幅 / 全高 2,005mm / 785mm / 1,030mm
軸間距離 / 最低地上高 1,330mm / 160mm
シート高 785mm
装備重量 ※2 135kg
燃料消費率 ※3 国土交通省届出値:定地燃費値 ※4 58.8km/L(60km/h) 2名乗車時
WMTCモード値 ※5 51.0km/L(クラス2、サブクラス2-1) 1名乗車時
最小回転半径 2.5m
エンジン型式 / 弁方式 BGA1・空冷・4サイクル・単気筒 / SOHC・2バルブ
総排気量 154cm3
内径×行程 / 圧縮比 56.0mm × 62.9mm / 9.8
最高出力 ※6 10kW〈14PS〉 / 8,000rpm
最大トルク ※6 14N・m〈1.4kgf・m〉 / 6,000rpm
燃料供給装置 フューエルインジェクションシステム
始動方式 セルフ式
点火方式 フルトランジスタ式
潤滑方式 ウェットサンプ式
潤滑油容量 1.1L
燃料タンク容量 12L
クラッチ形式 湿式多板コイルスプリング
変速機形式 常時噛合式5段リターン
変速比 1速 2.750
2速 1.750
3速 1.300
4速 1.045
5速 0.875
減速比(1次 / 2次) 3.181 / 3.000
フレーム形式 ダイヤモンド
キャスター / トレール 25°45’ / 105mm
ブレーキ形式(前 / 後) 油圧式シングルディスク / 油圧式シングルディスク
タイヤサイズ(前 / 後) 100/80-17M/C 52S / 140/60R17M/C 63H
舵取り角左右 38°
乗車定員 2名
排出ガス基準 平成28年国内排出ガス規制に対応

※1 主要諸元は道路運送車両法による型式指定申請書の数値。(シート高を除く)
※2 装備重量は、燃料・潤滑油・バッテリー液を含む総重量となる。
※3 燃料消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法、車両状態(装備、仕様)や整備状態などの諸条件により異なる。
※4 定地燃費値は、車速一定で走行した実測にもとづいた燃料消費率。
※5 WMTCモード値は、発進、加速、停止などを含んだ国際基準となっている走行モードで測定された排出ガス試験結果にもとづいた計算値。走行モードのクラスは排気量と最高速度によって分類される。
※6 エンジン出力表示は「PS/rpm」から「kW/rpm」へ、トルク表示は、「kgf・m/rpm」から「N・m/rpm」へ切り替わった。〈 〉内は、旧単位での参考値。
■車体色はモニター表示のため、実物とは異なる場合がある。
■掲載写真には、合成または特別に許可を得て撮影したものが含まれる。
■仕様および装備は予告なく変更する場合がある。

【関連ニュース】
”毎日乗っても使いやすくカッコいい”!スズキから新型150スポーツ「ジクサー」登場

情報提供元 [ スズキ ]

関連記事

編集部おすすめ

  1. 【 Webikeニュース編集部 】 初代GSX-Rが発売されてから33年目、6代目のGSX…
  2. GP通算500勝を達成した「YZR-M1」のカラーリングを再現! ヤマハ発動機は、水冷・直…
  3. 二輪車用タイヤ、チューブの専門メーカーであるIRCは、新しいツーリングラジアルタイヤ「RMC…
  4. ホンダは、往年の名車である「NSR250R(MC18)」のカラーを再現した、受注期間限定のヘ…
ページ上部へ戻る