“毎日乗っても使いやすくカッコいい” !スズキから新型150スポーツ「ジクサー」登場

【ケニー佐川:Webikeニュース編集長】

12_GSX150L7_image04

スズキのニューモデル、「ジクサー」の発表会が都内で行われた。「ジクサー」は150ccクラスの軽量ロードスポーツモデルである。

2014年にインドで生産・販売を開始し、アジアや中南米向けを中心に輸出しているが、インド本国では13の部門でバイクオブザイヤーを受賞するなど非常に高い評価を受けている。

その現地生産モデルをベースにFI化や品質確保のための各部改良を施し、日本向けに仕上げたモデルということだ。

「毎日乗っても使いやすくカッコいい」をコンセプトに、走行性能はもちろん、スポーツバイクとしての佇まいや細部まで造形処理をこだわったという。

IMG_7509s▲発表された「ジクサー150」

専用設計エンジンを日本向けにFI化

エンジンは専用設計の空冷4ストSOHC単気筒154ccで徹底的にフリクション低減や燃焼効率の向上が図られた「SEP」(スズキ・エコ・パフォーマンス)エンジンを採用。

これを軽量高剛性のスチールフレームに搭載することで、力強い加速と優れた燃費性能を実現している。

15_GSX150L7_Engine_2

ちなみに最高出力は10kW/8,000rpm、最大トルク14Nm/6,000rpmを実現。
FI仕様とし、国内新排出ガス規制にも対応するなど日本向けに対応している。

コンパクトなエンジンと軽量なスチールクレードルフレームの採用により、装備重量135kgと原付2種並みのライトウエイトを実現。

また、GSX-S1000などスズキの大排気量スポーツモデルと共通イメージのボリューム感のある流麗なラインを持った、スポーティなスタイリングが特徴となっている。

ワンランク上の装備とクオリティを実現

24_GSX150L7_GasolineTank

足回りも大径φ41㎜正立フロントフォークと7段階調整式のシングルショック、前後ブレーキに大径ディスク、後輪に140サイズのラジアルタイヤを採用。

タンク容量も12Lということで低燃費と合わせて長距離ライディングを実現する。

さらに、メーターにはRPMインジケーターやギヤポジションインジケーターを装備した豪華なフルデジタル表示の液晶多機能メーターが奢られるなど、ワンランク上の充実した装備でまとめられている。

20_GSX150L7_Meter_2

また、カウルと一体化したグラブバーやLEDテールランプによるシャープでコンパクトなリヤまわり、ショートタイプのサイレンサーに2つの排気口を設けたデュアルタイプマフラーなど上級モデル並みの洗練されたデザインも魅力だ。

22_GSX150L7_HeadLight

日本向けに改良された部分としては、FI化の他にタイヤの銘柄を現地ブランドからダンロップ製とし、リヤブレーキをドラムからディスク化するなど、国内交通環境に合わせて走行性能を確保。

冬場のある日本の気候に合わせてスタータークラッチを強化するなどの対応が施されている。

こうした仕様変更も含めて、価格も31万6,440円と原2並みということで、コスパ的にも非常に魅力的なモデルと言えよう。

150ccスポーツの開拓者になれるか!?

13_GSX150L7_image05

実際に跨ってみた印象としては、250cc並みの余裕のある車格でありながら、スリムで足着きも良く、アップライトなハンドルバーと厚みのあるシートなど快適なライポジである。

09_GSX150L7_image01

各部の作りも概ね洗練されていて、一部にコストカットも見られるものの全体的にはクラスを越えたクオリティに仕上がっていると思える。

150ccということで、これまで国内ではあまり馴染みのなかったクラスだが、世界的にみると今や主流になりつつある排気量帯。日本でも高速道路を走行できるなど、日常使いとファンライドを兼ね備えたクラスと言える。

ジクサーがミッション付き150スポーツのジャンルをどう切り開いていくのか期待したい。

01_GSX150L7_YSF_D

【関連ニュース】
【新車】スズキ、150ccの新型ロードスポーツバイク「ジクサー」を発売
ケニー佐川

ケニー佐川Webikeニュース編集長

投稿者プロフィール

国産・外車を問わずミニモトからビッグバイクまで、どんなバイクでも乗りこなすモータージャーナリストとして2輪専門誌等で活躍中。
16歳から乗り継いだバイク30台、テストライド経験300台以上。装備や用品、カスタムパーツのテストも数多くこなしてきた。
MFJ公認インストラクター。米国ケビン・シュワンツ・スクール修了。

この著者の最新の記事

関連記事

編集部おすすめ

  1. イタリアのブレーキシステムメーカーのブレンボは、斬新なコンセプトを取り入れた新型ラジアルマス…
  2. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  3. ホンダは2016年より、生産終了モデルの一部車種の純正部品を、部品メーカーと協力し、生産設備…
  4. ヤマハ発動機は、2017年5月21日、フランスのル・マンで開催されたMotoGP世界選手権・…
ページ上部へ戻る